読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTMスキルアップメモ - frenchbread

DTMのクオリティアップに向けた修行記録です。

kontakt→セルフレコーディング

ギターの音源について調べるうちに、「kontaktさえあればフリー」というタイプの音源がやたら存在することに気づいた。最初わたしは「は?フリーって言ってんだろ。詐欺記事かよ」と思っていたが、中には「kontaktは有料だが、DTMやっている人はみんな持っているのが常識だと思うので」みたいなことも書かれたりしているものもあって、え、ちょっと待って??とわたしは焦った。

もしかして、kontakt持ってないのにDTMやってて、初心者からそろそろ抜け出してきたかなと思っていたわたしって相当な勘違い人間だったのか。

衝撃を受けつつ、もう少し調べて以下のことがわかった。

 

kontaktは音源のエンジンで、その上でいろいろなライブラリ(個別音源)が動く。

kontaktの価格は48,000円ほど(セールやるときもある)。

・kompleteというパッケージ製品があり、kontaktエンジンと膨大なライブラリを含んでいる。68,000円ほど。

・といってもkontakt本体にもノーマルな音源のライブラリは付いている。

 

kompleteのほうがお得感があり、ネット上の初心者向けアドバイスでもkompleteがオススメされている。が、わたしは以下の記事なども見て、kompleteではなくただのkontaktを購入することにした。

DTM初心者のあなたがNI KOMPLETEを買うべきではない5つの理由 | DTMについて私が知っていること

まさにこの記事を書いた方と同じ感覚で、把握できないものを持っているのが嫌だからである。もちろん差額20,000円もバカにならぬし。

 

かくしてわたしはkontaktを手に入れ、長い時間をかけてようやくDTM初心者の入り口にたどりついたことに嬉々としたのであるが、冷静になると直接の目的は冒頭のギターのフリー音源だったので、これもインストールした。

VS BURST LP FREE (Guitar) | Versus Audio 

 

さて装備増強ができたところで、この子たちを使って何をしようかしら。と思っていた頃合い、通っているDTMスクールから「レコーディング演習」があり、「自分で1コーラスの曲を作って自分で歌え」という暴力的な宿題が与えられた。

これはちょっと困る。適当に1コーラス作るのはいいとして、というかストックがそこそこあるので手抜きすればそれを使えるはずのだが、わたし(男性です)は女性ボーカル曲しか作らないので今回は使い回しができないし、それ以上に自分で歌えというのが問題である。

とはいえ宿題をやらぬわけにもいかないので、kontaktやVS BURST LP FREEを試しがてら、わたしはいい加減なロック調の歌を1コーラスこしらえて、今朝近くのスタジオに出かけてこれを収録した。公平に見て中の下くらいの歌唱力の自分が、スタジオで熱唱しつつそれを録音している様は、悲劇というより喜劇だったであろう。

帰宅したわたしは、さっそく歌をいい感じに編集する作業に入った。一応わたしは、というかLogicが、というのが正しいが、ピッチ補正の技(もとい機能)を持っており、これまで何人かの知人に尊い犠牲になっていただいたおかげで経験値もあるので、案外いけるんじゃないかなと思っていた。

しかし、これまで編集したどの女性の声よりも自分の声の編集は困難を極めた。あまりにも下手くそなために歌がブレすぎていて波形が安定せず、ピッチ修正するにもうまいポイントが見つからなかったのである。

半ば投げやりになりつつ、編集作業は完了した。これが万一そこそこいい感じに聞こえたとしたら、わたしのボーカル編集テクはなかなかのものである。もしくは、あなたのセンスが悪すぎるかどちらかだ。

 

(↓プライベート設定でアップしたので、このサイト以外からは聞けないはず)

soundcloud.com

ギター習得あれこれ→長期目標を語る

ここのところ、悩まされつづけているギター問題にいよいよ向き合うべく、ELECTRI6ITYの購入を検討→レビュー動画などをつぶさに視聴するなどしていたのだが、そのうちに購入をためらっている原因が、価格の高さもさることなから「ギターのことが全然わからないのに、こんな複雑な機能を使いこなせるわけがない」という不安にあることがわかってきた。

 

だとすると当然、ギターを勉強するしかないわけで、その確実な方法としてはギターの師を探しこれに教わり習得する、あるいはもう少し低コストで行こうとすると、教本などを購入し、仕事を放棄して四六時中猛特訓する、みたいなことになるのだけれども、それにはちょっとだけ勇気が足りない。それでまあ、せいぜいギターが活躍する曲などを聴いて我流で研究するというぬるま湯な結論に落ち着いて、いまもっぱらポルカドットスティングレイ、という奇天烈な名称のバンドの曲を聴いている。久しぶりにiTunesストアで曲の購入とかしてしまった。中でもお気に入りがこれ。

 

www.youtube.com

 

あからさまに椎名林檎に感化されている歌い方を少し改めたようでボーカルも聴きやすくなり、2番Aメロ最後の「僕は非力だ 愛してるさ」の歌い方なんかすごくイイ。

などと一直線に脱線してしまったが、ギターバンドなので音数が少なくギターの音がよく聴けるし、ギターのアレンジも凝っている(少なくともわたしから見れば)。

そしてまた、こういう曲に対して、「弾いてみた」とか、耳コピでTab譜を起こして動画をアップしてくださる方々がいるので本当に助かっている。恵まれた時代だなあとも思う。

 

で、その成果やら音源の問題についてはおいおい述べることにするが、一つ長期目標のようなものができたので、それを語る。

わたしが今通っているDTMスクールの校長先生的な方が、過日泥酔されたついでに「自分は幼少のころから楽器は何度かトライしたけどあまり上達しなかった。けれども打ち込みに出会ったので好きな音楽を続けられた。今の日本でもピアノ教室とかはたくさんあるけど、手先が不器用だとかいう程度の理由で楽器が苦手な人が音楽を上達するためのメソッドはあまりなくて、そういう道を作りたくて自分は学校を立ち上げた」みたいなことを熱く語られていて、自分はその時点では半笑いでシャンディガフを飲むなどしていたのだけれども、考えてみれば自分が直面している状態も、楽器スキルがネックとなって壁にぶちあたっているという意味でその応用系である。

なので、自分が将来これを克服できて、ぐんぐんに打ち込みスキルが上達したら、楽器ができない・経験がほとんどないような人が、志半ばでDTMを断念してしまうのを防ぐ手助けになるようなノウハウを、何かの形(普通に考えるとWebサイトとか)で残したいと思ったのである。

言うまでもなく今のわたしのステータスからは相当に遠い距離にあるので、このあと何年先までモチベーションが続くのか・・という感じだが、せっかくなので記録しておくことにした。

 

 

 

 

春のはじまり

花粉がとびはじめた。辛くもあり、でもなぜかほっとする春のはじまりである。ちょうと春ソング・花音の人間歌唱版の最終調整も終わり、スクールのコンテストに無事提出を終えた。せっかくなので仮歌用のミクさん版もpiaproにアップした。

piapro(ピアプロ)|オンガク「花音(かのん)」

 

人間歌唱版は、歌い手さんがボーカル教室の先生をしてたり個人でライブ活動をしているようなセミプロの方なので歌がすばらしく、本当はこっちを公開したいのだけれども、piaproに人間歌唱版をアップするとラインナップがややこしくなるし(過去に何度かやってしまったのではあるが)、先方との相談も要るので、もうちょっとやり方を考えることにする。

 

piaproコラボも順調に進んでいて、「choco.lo.ve」という新曲のとりあえずのフルコーラス版ができあがった。ブラスアレンジは、まあ現時点なりにがんばったのだけど、半年後くらいに聴いたらダサいと思うのだろうか。

この曲は、なんとコラボの相手の方が動画化を検討してくださるとのことで、そうなったらとても素敵である。自分が作ったものに他の方の手が加わるのは、今までのところは歌を入れてもらった経験くらいだが、へーここはこういう風に解釈されたのかー、などと思えておもしろい。

 

さて、「choco.lo.ve」はまだまだ調整・仕上げ作業があるものの、来週あたりからは次のターゲットに着手すべきであろう。

1)とりあえずスクールの中間発表の作品を準備しておく

2)SoundCloud向けにユーミンシリーズを1つ追加(卒業写真が候補)

3)piaproコラボでもう1つ曲を作らせてもらう

候補はこのあたり。時間の許す限りは全部やりたいのだけど・・

 

ブラスアレンジ

花音のレコーディングとミックスがおわり、あとGarden Girlの新しい生歌版もミックスさせてもらった。さらに、DTMスクールの課題が2月末に向けて山ほどあったが、どうにかそれもすべて終わった。おかげでゲームのプレイ動画でほぼ埋まっていたyoutubeのおススメリストが、全く興味のない海外の昔のアーティストの音源やライブ動画で埋め尽くされてしまった(ひたすら古今東西の有名曲をyoutubeで聴いてレポートを書くという課題だったから)。たしかにまあ、ゲームのプレイ動画なんざ見ている暇がなくなりつつはある。

ともあれわたしは開放感に満ち溢れ、久しぶりに自宅でセルフ飲み会を開催しているのだが、それはまことにどうでもいい話で、すぐに次の課題や目標に取り組むべきである。

具体的には、1つはDTMスクールの中間発表の制作課題が間もなく出されるはずで、もう1つはGarden Girlの歌い手さんとご一緒させてもらっているpiaproのコラボ。方針としてはスクールのほうを最小限の労力で片付け、コラボのほうに注力したい。

 

そのコラボのほうであるが、今回はジャズっぽい曲調に挑戦することにした。

・ドラム:いつものEZ Drummer

・ベース:今回はAmpleのエレキベースではなくウッドベース、Logic標準のやつ

・ピアノ:いつものSteinway

・ギター:Ampleのアコースティックギター

まずはこの4ピースが土台で、あとは装飾的にビブラフォンあたりと、そして楽曲のキモとしてブラスを入れる構想である。

で、とりあえず仮アレンジバージョンとして4ピースとサックスを入れてみたのだけど(音源はLogic標準)、まあなんともサックス部分がショボい出来栄えと相成った。わたしは嘆き悲しんだが、しかしそれもそのはずで、冒頭の古今東西ミュージシャンシリーズでも思ったのだが、ブラスってギター並みに演奏の幅が広くてリアルに打ち込むのが難しいパートなのではないか。

取り急ぎ、わたしは家にある書籍群からブラスの打ち込み方法について言及してあるページを繰ったのだけれども、そもそも現時点ではアレンジの問題と打ち込み技術の問題と音源の問題と渾然一体となっており、どこが主たる要因なのか判然とせず、わたしは呆然とするばかりであった。

そういうわけでエレキギターとブラスとで悩みが2倍になった。が、すでにこの曲には仕掛かっており緊急度が高い。なんとか付け焼き刃でも勉強して、いい曲に仕上げたいものである。

 

 

 

 

 

 

CDづくり→コラボレート

 行きつけの美容師さんが元セミプロ的なバンドマン、それもアメリカでツアーをやったことがあったりするバリバリの人で、実はわたくしもコンピュータでちゅらちゅら曲を拵えるんです、まーお遊戯ですけどね。なんて話をしていたら、曲をCDに焼いてもってきてくれと言われ、それもそのときの話の流れとかというよりは、ここのところ毎回言ってくださるので、恥を忍んでCDをつくることにした。

 何もCDとかじゃなくて、piaproのURLをメールとかで伝えてもいいような気もするけれども、おそらくはその人は古き良きCD文化への愛着があるのであろう(彼のバンドの曲はyoutubeにあがってるけど)。

 ということで持ち曲いくつかをCDに入れることにした。話す分には彼はボカロはあまり好きではなさそうなので、数少ない生歌モノを極力入れる方向で選曲した。

 1.Garden Girl

 2.もっと抹茶ニット

 3.肥後橋クリスマス

 4.妄想ウェディング

 5.花音(かのん)

 (何のこっちゃ他人が読んでもわからないが気にしない。)

 1と4は両バージョンあって、3は生歌だけ。2はミクさんだけ。5は日曜にレコーディングする新曲で今はミクさんバージョンだけ。両方ある曲については生歌側を採用すすることで3:2となるので、このへんでご容赦いただこう。

 ただ問題は、Garden Girlはかなり初期の作品で、曲自体は自分でも気に入っているものの音がいかんせんショボすぎる。が、今やわたしはけっこういいドラム音源、まあまあなベース音源とギターアンプを入手したし、ミックスもほんの少しだけ上達した。そこでわたしは急ぎGarden Girlを再編成し、ちょっと突貫気味だったが曲は相対的に改善された。やった。これでやっと髪が切れる。

 このノルマのおかげでなかなかここ数週間美容院に電話ができず、すでにわたしの髪はボサボサである。というか、CDを仕上げないと髪を切れないなんていう因果なサラリーマンがどこにいるだろうか。そんなことを考えながら美容院に予約の電話を入れると、土日はすでに予約がいっぱいとのことで、わたしの髪はさらに1週間ボサボサを進化させることとなったのであった。

 

 しかし、人間万事塞翁が馬である。

 翌日わたしは、そろそろ次の曲を作りたいけどそろそろ詩が苦しいけどどうするか(何せ新作の花音のサビの歌詞がランラランのみというくらいのネタ切れである)。と悩み、そういえばpiaproにはコラボというものがあって、作詞する人が作曲する人を募集していることもあったはず。と思い立ってコラボを探し、自分なりにこれだ、と思ったところの門を叩いた。抹茶ニットのヒット(当人比)で少し自信がついて、そろそろこういうことをしてもいいんじゃないかと強気になっていたのである。したところ幸い需要と供給はまずはマッチし、わたしはいい感じの詩を選ばせてもらって曲を作ることになった。

 で、どこらへんが塞翁さんの馬かというと、その方が修正したてのGarden Girlを聴いて「歌ってみた」をしてくれると言ってくださったのである。門を叩いた時点で、わたしはその方が歌い手さんであることも知らなかったし女性であることにも気づいてなかったので、ほんとに偶然が重なったように思え、うおお、Garden Girl直しておいてよかった、音源買っておいてよかった、とわたしは心から思ったのであった。

 それにしてもやること増えたなー。

 

 

 

音源(Ample Bass P Lite II & EZ MIX 2)

少し前に、フリーのアコギ音源を入手したことを書いた。

音源(EZ Drummer 2& Ample Guitar M II Lite) - DTMスキルアップメモ - frenchbread

 

その後すぐに、同じAmpleSoundのフリー音源シリーズでベースの音源もあると知り、こちらもダウンロード。以下の記事が参考になった。

フリー最強ベース音源プラグインAmple Bass P Lite IIの使い方を徹底解説!:LAMEのブロマガ - ブロマガ

まあ、フリーのやつは試して気に入れば使えばいいだけの話であるが、もうひとつのEX MIX 2は有料の製品(15,000円くらい)であって、この購入に際してはかなりの葛藤があった。

 

まず、なんやかんやで音源の効果を感じ始めてみると、やっぱり普通はエレキギターの優先度が高いというのが常識的な見解であろう。

よく言われるとおり、非ギタリストにとってギターの打ち込みは鬼門だ。まだアコギなら、最低限のMIDI打ち込みのお作法をおさえておけば、アルペジオストロークをバックで演奏させるくらいはごまかしが効くのだが(Ampleのおかげで音源も無料でそこそこのが手に入ったし)、エレキはさすがにソロとかリフとかをバリバリ弾くべきであろう。

しかしギターに関しては奏法もろくにわからないので(ハンマリングとかチョーキングとか、ごく表面的には知っているが、どういうところで使うのがカッコいいかという勘所がない)、仮に音源があったところで結局宝の持ち腐れになるのがオチである。そしてそのあたりを修行するには時間がかかりすぎる、気がしている。できることなら、抹茶ニットや「机の上のラブレター」のようなアコースティック系を中心に作りながら当面は修行を、徳を積みたい。

 

そういう現実逃避も含みで、次に買うのはピアノにしようかしら、と思って調べ始めたのだけれども、意外にも以下の記事で、わたしが愛用するLogicの内臓ピアノ音源(Steinway)は実はなかなか評価がいい、ということを知った。

結果発表!ピアノ音源聴き比べ。 | ChanomaのSound Laboratory

 

そんなわけで、お金もそこまでつぎ込めない中で推定される費用対効果と、いくら避けようとしてもポップス作家でエレキギターを回避し続けるのは幅が狭すぎるということを冷静に考えると、やっぱりごまかしごまかし向き合っていくしかないなあ、と思ったのである。

 

ギターの定番音源はELECTRI6ITYらしい。約40,000円となかなかのものである。もうちっと手が出しやすいのはないかなあ、と思っているうちに、ギターの音というのはギター本体とアンプ(やエフェクト)で構成されることに気づいた。ということは、アンプ側をグレードアップさせるだけでもグレードアップするかもしれないし、逆に言うとギターだけグレードアップしても片手落ちかもしれん、ということである(とわたしは考えた)。

じゃあアンプは、ということ、これまたたくさん高価でよさげなやつがたくさんあるようだ。20,000円以上するのが当たり前だし、見れば見るほど、アンプすら使いこなせる気がしない。

 

そして疲れ果てたわたしが最終的にたどりついたのがEX MIX 2であった。決め手は「初心者でも扱える。自由度はめちゃくちゃ低いが、質自体は良い」という特性が自分にドンピシャであったこと(DTMって自由度が大きすぎることが初心者には辛く感じることが多い)、ほかのエフェクターとしても使えるのでトータルの費用対効果が高いのではないかと思ったことあたりである。

使用機材レビュー:EZ-MIX2|電脳Spiral

 

結果どうだったか。

・たしかに、簡単な操作でそこそこに思えるアンプ効果は得られた。ベースアンプもあるし、ミックス全体にかけるエフェクターも、わたしのレベルであればプラス効果はある感じがする(とりあえず音圧上がったかな、程度)。

・単純なコンプレッサー、EQ、リバーブといったあたりは、Logic標準のものでもちゃんとパラメータを見て動かしたほうがよさそう(こういう基本レベルのエフェクタなのに、何されているか把握できないということのほうがマズい感じがする)

 

いろんな人がレビューで書いているが、あくまで初心者用だったり、逆に手慣れた人がラフに仮ミックスを使うときが活躍の場面なのだろうな。やっぱりELECTRI6ITY買うべきだったかな・・・

 

 

 

 

 

 

レコーディングにチャレンジ

piaproの抹茶ニットはその後592回、youtubeのシュワキマセリは625回まで伸びた。まずまずである。でもまあ、回数のことはちょっと置いておこう。

 

前回書いた、依頼をもらって作ったボサノバ風は無事完成し、依頼主の方にお届けしたのだが、なんだか恐縮するくらい喜んでもらえた。お世辞にもそこまでのものではないと思うのだけど、そりゃあ喜んでもらえたら嬉しいもので、頼む側の礼儀というのはかくあるべきだなと思った。

 

piapro.jp

 

さてそうこうするうち、通っているDTMスクールで「春の曲コンテスト」の募集がはじまった。定期的に開催されるこのスクールのコンテストで、以前2回最優秀賞をもらったことがあるのだが、最近はライバルが手強く入賞すらできず、わたしは焦っている。今回こそは入賞したい。

 

で、なんとなくそのスクール的に生歌のほうが評価される傾向を感じているのと(わたしのボーカロイド技術の稚拙さが露呈してマイナスになってるだけかも)、「アマチュアミュージシャンにとって何か頼まれるというのは悪い気がしないものだ」と知った経験をふまえて、思い切って、薄い知人の薄い知人くらいのつながりのボーカリストさんに「突然ですが僕のオリジナル曲に歌入れしてくれませんか」と飛び込み的な依頼をしてみたのである。

ドキドキして待つこと半日。うれしいことに、でもある意味では予測どおり、ボーカリストさんからオッケーの返事をいただくことができた。さっそく数週間後にはレコーディングを控えている。そのレコーディングも今回はじめて、素人の宅録的なやつ(スタジオ借りて手持ちPCで録音)ではなくて、コントロールルームやエンジニアの方つきのまっとうなレコーディングを頼むことにした。新しいことをするのはやっぱり面白い!