DTMスキルアップメモ - frenchbread

アマチュアDTMerで、ボカロ曲や女性ボーカル曲を作る修行をしながら学んだノウハウや成果を書いていきます。目指せ、脱初心者。

ブラスアレンジ

花音のレコーディングとミックスがおわり、あとGarden Girlの新しい生歌版もミックスさせてもらった。さらに、DTMスクールの課題が2月末に向けて山ほどあったが、どうにかそれもすべて終わった。おかげでゲームのプレイ動画でほぼ埋まっていたyoutubeのおススメリストが、全く興味のない海外の昔のアーティストの音源やライブ動画で埋め尽くされてしまった(ひたすら古今東西の有名曲をyoutubeで聴いてレポートを書くという課題だったから)。たしかにまあ、ゲームのプレイ動画なんざ見ている暇がなくなりつつはある。

ともあれわたしは開放感に満ち溢れ、久しぶりに自宅でセルフ飲み会を開催しているのだが、それはまことにどうでもいい話で、すぐに次の課題や目標に取り組むべきである。

具体的には、1つはDTMスクールの中間発表の制作課題が間もなく出されるはずで、もう1つはGarden Girlの歌い手さんとご一緒させてもらっているpiaproのコラボ。方針としてはスクールのほうを最小限の労力で片付け、コラボのほうに注力したい。

 

そのコラボのほうであるが、今回はジャズっぽい曲調に挑戦することにした。

・ドラム:いつものEZ Drummer

・ベース:今回はAmpleのエレキベースではなくウッドベース、Logic標準のやつ

・ピアノ:いつものSteinway

・ギター:Ampleのアコースティックギター

まずはこの4ピースが土台で、あとは装飾的にビブラフォンあたりと、そして楽曲のキモとしてブラスを入れる構想である。

で、とりあえず仮アレンジバージョンとして4ピースとサックスを入れてみたのだけど(音源はLogic標準)、まあなんともサックス部分がショボい出来栄えと相成った。わたしは嘆き悲しんだが、しかしそれもそのはずで、冒頭の古今東西ミュージシャンシリーズでも思ったのだが、ブラスってギター並みに演奏の幅が広くてリアルに打ち込むのが難しいパートなのではないか。

取り急ぎ、わたしは家にある書籍群からブラスの打ち込み方法について言及してあるページを繰ったのだけれども、そもそも現時点ではアレンジの問題と打ち込み技術の問題と音源の問題と渾然一体となっており、どこが主たる要因なのか判然とせず、わたしは呆然とするばかりであった。

そういうわけでエレキギターとブラスとで悩みが2倍になった。が、すでにこの曲には仕掛かっており緊急度が高い。なんとか付け焼き刃でも勉強して、いい曲に仕上げたいものである。

 

(2016.7.25追記) 

 この記事が意外に検索サイトで引っかかってしまうことがわかった。なんでだ、こんなにも薄っぺらい日記なのに。。

たぶんここにたどり着いた人はさぞ残念に思っているだろう。せめてその罪悪感をぬぐうために、その後上記の曲がどうなったかを報告しておく。なお、5ヶ月も経ったがまだこの曲は発表できていない。笑

 

まずブラスの音源だが、その後kontakt 5を入手したため、それを使用した(Trumpet Section、Sax Section)。Logic標準よりいくばくかマシなのか、よくわからない。

 

で、初心者にもできる打ち込みポイントは以下あたりかなと自分なりに理解した。

・音をのぺーっとさせないために、音符の間にちゃんと切れ目を設ける(ブラスは息継ぎがかなり頻繁に必要な楽器なので、そういう意味でも)。さらにエクスプレッションカーブ必須、特に長音部分。平坦だととにかくシンセくさい。

・フォール(フレーズの終わりなどで、音高を下げる方向でグリッサンドする奏法)などは音源によってはベロシティスイッチで専用の音が用意されていることがあるので、あれば使うとラク。動画の最後の部分がそれ(下部のノートがそのスイッチ)。

・当たり前のことだが、楽器の標準的な音域に従うことが大事。(あえて最高音付近や最低音付近の音を出すこともあると思うが、それは中級以上テク。)

 

上手な見本とはいえないが、わたしが打ち込んだ結果はこんな感じである。

youtu.be

CDづくり→コラボレート

 行きつけの美容師さんが元セミプロ的なバンドマン、それもアメリカでツアーをやったことがあったりするバリバリの人で、実はわたくしもコンピュータでちゅらちゅら曲を拵えるんです、まーお遊戯ですけどね。なんて話をしていたら、曲をCDに焼いてもってきてくれと言われ、それもそのときの話の流れとかというよりは、ここのところ毎回言ってくださるので、恥を忍んでCDをつくることにした。

 何もCDとかじゃなくて、piaproのURLをメールとかで伝えてもいいような気もするけれども、おそらくはその人は古き良きCD文化への愛着があるのであろう(彼のバンドの曲はyoutubeにあがってるけど)。

 ということで持ち曲いくつかをCDに入れることにした。話す分には彼はボカロはあまり好きではなさそうなので、数少ない生歌モノを極力入れる方向で選曲した。

 1.Garden Girl

 2.もっと抹茶ニット

 3.肥後橋クリスマス

 4.妄想ウェディング

 5.花音(かのん)

 (何のこっちゃ他人が読んでもわからないが気にしない。)

 1と4は両バージョンあって、3は生歌だけ。2はミクさんだけ。5は日曜にレコーディングする新曲で今はミクさんバージョンだけ。両方ある曲については生歌側を採用すすることで3:2となるので、このへんでご容赦いただこう。

 ただ問題は、Garden Girlはかなり初期の作品で、曲自体は自分でも気に入っているものの音がいかんせんショボすぎる。が、今やわたしはけっこういいドラム音源、まあまあなベース音源とギターアンプを入手したし、ミックスもほんの少しだけ上達した。そこでわたしは急ぎGarden Girlを再編成し、ちょっと突貫気味だったが曲は相対的に改善された。やった。これでやっと髪が切れる。

 このノルマのおかげでなかなかここ数週間美容院に電話ができず、すでにわたしの髪はボサボサである。というか、CDを仕上げないと髪を切れないなんていう因果なサラリーマンがどこにいるだろうか。そんなことを考えながら美容院に予約の電話を入れると、土日はすでに予約がいっぱいとのことで、わたしの髪はさらに1週間ボサボサを進化させることとなったのであった。

 

 しかし、人間万事塞翁が馬である。

 翌日わたしは、そろそろ次の曲を作りたいけどそろそろ詩が苦しいけどどうするか(何せ新作の花音のサビの歌詞がランラランのみというくらいのネタ切れである)。と悩み、そういえばpiaproにはコラボというものがあって、作詞する人が作曲する人を募集していることもあったはず。と思い立ってコラボを探し、自分なりにこれだ、と思ったところの門を叩いた。抹茶ニットのヒット(当人比)で少し自信がついて、そろそろこういうことをしてもいいんじゃないかと強気になっていたのである。したところ幸い需要と供給はまずはマッチし、わたしはいい感じの詩を選ばせてもらって曲を作ることになった。

 で、どこらへんが塞翁さんの馬かというと、その方が修正したてのGarden Girlを聴いて「歌ってみた」をしてくれると言ってくださったのである。門を叩いた時点で、わたしはその方が歌い手さんであることも知らなかったし女性であることにも気づいてなかったので、ほんとに偶然が重なったように思え、うおお、Garden Girl直しておいてよかった、音源買っておいてよかった、とわたしは心から思ったのであった。

 それにしてもやること増えたなー。