DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

DTMでのボサノヴァの作り方(初心者向け)

先日以下の記事をアップしたら比較的好評で、レベル低い記事にはレベル低いなりのニーズがあるんだな、と思った。

 

frenchbread.hatenablog.com

 

で、今回は同じコンセプトのボサノヴァ編である。

まあその、初心者がボサノヴァなんて作るかよ、という意見はあろうと思うが、以前に作ったボサノヴァ風楽曲に動画を作っていただいたのと、意外とネット上ではこの手の記事が見つからなかったので書いてみることにした。

(EDMはなんやかんやでまだ人気があるのか、ハイレベルな記事がたくさんある。)

 

サンプル曲

まずこちらが前述の動画作品。

ちょっと聴けばわかるとおり、アレンジ的にもミックス的にも大したものではない。あくまでボサノヴァっぽいだけである。

そして聴く人が聴けばわかるが、いくつかポイントを外しているところがあって、なのでボサノヴァと言い切れずボサノヴァ風とぼかしている。詳しくは後述。

せめて修正してから記事にしろよと言われそうだが、だいぶ前に発表してしまっている曲なのでもうそのままにしておく。

 

www.youtube.com

 

コード

f:id:naoki-horiuchi:20170806123959p:plain

 ※スケールはFメジャー

 

コード理論に詳しいわけでもないので、あんまりちゃんと解説できないし、おかしいコードもあるかもしれない。

ので、あとでまっとうな書籍を記事の最後に紹介するとして、とりあえず言えるのはこんなとこ。

ボサノヴァはロックのような力強い曲調ではなくアンニュイな雰囲気を出したほうがいいので、あまり3和音は使わず、テンションコード(9th以上の音を含むコード)や分散コード(コード構成音とルート音が異なるコード、11小節目のとこ)も積極的に使うほうが雰囲気が出る。

・イントロやアウトロで使っている進行は一つの定番パターン。6thや9thを省くとⅠ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅴというクソ面白くない進行だが、これだけでボサノヴァぽくなる。と思いません?

 

楽器構成

生ドラム+ベース(基本はウッドベース)+クラシックギター+ピアノ(またはエレピ)+パーカッション(シェイカーなど)が基本。

「机の中のラブレター」も上記構成+途中から裏メロでシンセを入れているだけの小編成。ただ、ギターはクラシックギターでなくアコースティックギターを使っているので、ここがボサノヴァになりきれていないところの一つ。

 

生ドラム+パーカッション

f:id:naoki-horiuchi:20170806130039p:plain

上は「机の中のラブレター」の1小節を切り取ったピアノロールで、順にシンバル、ハイハット、クローズドリムショット(サイドスティック)、キック、シェイカー。スネアをサイドスティックにするのもポイントの1つ。

ボサノヴァの場合、迫力やフィルのカッコよさより安定したグルーブが大事なので、こんな感じの定番パターンのループでほとんど押し通せる。

パーカッションは手持ちの音源によるが、ループ素材があればそっちのほうがいいかもしれない。

 

「机の中のラブレター」の音源は一応有料音源のEZ Drummer 2を使っているが、この程度であればDAW内蔵でも大差ないだろう。

 

ベース

f:id:naoki-horiuchi:20170806131136p:plain

ベースもこういう定番パターンのループで押し通せる。あまり凝ったラインは作らず、ルート→ルートか、ルート→5度でとどめておく。

2泊目の裏(C2とA#1の間のとこ)にも8分音符を入れるパターンもある。テンポや曲の雰囲気に応じて、ということになると思う。

 

「机の中のラブレター」の音源はAmple Bass P Lite Ⅱというフリーのエレキベース音源である。本格的なボサノヴァウッドベースだが、ライトなボサノヴァエレキベースもアリだそうだ。

 

ギター

f:id:naoki-horiuchi:20170806141925p:plain

ボサノヴァの神、ジョアン・アルベルト(Wikipedia)はギターと歌のみでボサノヴァを成立させているくらいなので、ボサノヴァらしさを出すためのコアパートと言える。

図のMIDIについて、DTMをやっている人には「4本の弦のタイミングがぴったりになっているし、ベロシティの強弱もアップダウンを意識していないのでおかしい」と思われるかもしれない。

が、ボサノヴァのギターは右手の小指以外の4本で弦を弾くように弾くらしいので、↑でも大きくは間違ってない(それでも多少タイミングとベロシティばらけさせたほうが生っぽいでしょうけど)。

実際のバチーダ奏法というボサノヴァ特有の奏法は、親指=ルート音を上の図でいう4分の拍頭のタイミングで弾いて、残り3本で上の図のリズムでコード音を弾くのが基本形らしいので、そのほうがリアルかもしれない(特にギターのみの弾き語りのような場合)。

あと音色、前述のようにクラシックギターである。クラシックギターはナイロン(ガット)弦でアコースティックギターはスチール弦。そんなことすらわたしはこの曲を作るまで知らなかった。

なお、クラシックギターはクラシックアコースティックギターとか表現されていることもあり、知らない身だとどっちやねん、と思ったりするが、スチール弦の音源と比べると音が柔らかいのでわかるはず。

 

アコースティックギター

クラシックギター   

 

「机の中のラブレター」だが、音源としてAmple Guitar M Ⅱ Liteを使っている。アコースティックギターのフリー音源である。

実のところ、これを入手して喜び勇んでいたので、書籍等の教えを無視してこれを使ってしまったというのがしょーもない言い訳。これから作る方はちゃんとクラシックギター選んでくださいね。

あと、ピアノロール画面では最低音をルートにしているが、実際の曲ではルートをベースに任せてギターはコードの構成音を自由に奏でている。なんとなく浮遊感を出したつもりでこうしたように記憶しているが、あまり良くなかったかも。

 というわけで「机の中のラブレター」がボサノヴァになりきれてない理由がこの最重要なギターパート。こんなんでサンプルにしてごめんなさい。

 

ピアノ(エレピ)

f:id:naoki-horiuchi:20170806145752p:plain

他の楽器ほどパターン化はされておらず、リズム隊がわりと細かく音符を刻んでいるので、対比的に白玉(ロングトーン)メインにするのがベーシックだと思う。あとは裏メロ弾いたりとかか。

「机の中のラブレター」でも上のようなゆるい片手のバッキングを繰り返していて、Bメロになってから裏メロを右手で弾いている。

 

参考書籍

記事は以上だが、だいぶサンプルがいい加減なのと、実際にわたしが参考にしたのはこの本ですよ、ということで参考書籍をご紹介しておく。2冊とも普段と違うジャンルに手を出すときにとても役に立っている。

・・と、ステマ記事みたいになってしまったがアフィリエイトブログではないので特にクリックしてほしいわけではない。ご安心ください(?)

 

www.rittor-music.co.jp

www.ymm.co.jp

 

 

hainekoさんにかわいいヘッダイラスト描いていただきました/活動状況など雑記

このブログのヘッダ画像。何回かわたしのブログを見てくださっている方なら気づいたかもしれない。そう、可愛らしいオリジナル画像を描いていただいたのだ。(前までは家で適当に撮った電子ピアノの写真を使っていた。)

 

わたしはこんな可愛げのかけらもない文体でブログを書いているが、実際には猫をはじめ、ミーアキャット・ペンギンなどなど、世に可愛いと言われる動物はたいてい大好きである。

それで、可愛い動物イラストを描かれるな〜と密かに着目していたツイッターつながりのhainekoさんがココナラで500円の格安サービスを受け付けていることを知ったので、これは!と思いお願いさせていただいたのである。

 

coconala.com

 

トークルームで打ち合わせが終わったのが、わたしが会社の昼休みにキーマカレーを食しながらスマホをぽちぽちやってた本日12:39。納品、本日19:45。

早くて安くて美味い(←仕上がりに満足したの意)、吉野家の牛丼のような至高の商品であった。

 

ところで思ったのだが500円サービスってとても良くないか。無償だと気を遣ってしまうし、仮に4000円だったら今回の場合は頼んでなかっただろう。(そこまでの価値がないという意味ではなく、こっち側の覚悟として。)

ほんの少しではあるが有償の依頼なので、頼む側も普通に頼むことができる。そしてもし仕上がりに満足いかなくても、飲み会で惰性で頼む最後のビール1杯を我慢すれば戻ってくるくらいの金額である。

わたしもボーカルのピッチ補正とか、詩先で曲作りするお仕事とかを500円で受け付けてみようかと思った。もちろん嘘だけど。

 

やたら褒めているが、別にフォローつながりだからとか、今わたしがテンション上がってるからとかではなく、このサービス、現時点で6件全部が評価5.0のMAXなのでわたし以外の方にも超好評である。人気出て値上がりしないうちにどうぞ。笑

 

 

 

話変わって活動状況の報告など

先月頭、実はひっそりと自分の中でこのブログとツイッターに関して目標を立てていた。まだ月初なのでこの恥ずかしい目標と結果を報告しておく。

 

ツイッター

 目標:フォロワー100名(月初時点で67名)

 結果:フォロワー140名=達成

<ブログ>

 目標:月間PV500&週2回更新(前月は295)

 結果:月間PV485=未達、週2回更新=達成

 

ツイッターに関して

企画参加(ボカロバラードプロジェクトとかえるのうたアレンジ祭り)によるつながり増が大きかったと思う。

しかし、ツイッターは難しい。わたしは基本TLを隅から隅まで読まないと気が済まない神経質気味な性質で、TLチェックが追いつかなくなると泣く泣くリツイートミュートなどを行うのだが、それもかなり慎重にするくらいなので、あまり急激に数が増えると整理が追いつかない。(真面目か!)

ボカロPを目指す者なら、少なくとも500名くらいはフォロワーさんがいるイメージなので、140名って全然足りないのだろうけど、しばらくは積極的にフォローしにいったりせず、自然増減にゆだねようと思っている。

 

ブログに関して

先月はスクールのライブがあったり、かえるのうたアレンジ祭り企画への参加もあったので、そんな中の毎週2回更新はわたしとしては大変だった。

これもツイッター同様、基本値の水準が低すぎるわけだが(開設1ヶ月で10,000PV行った!とかいうツイートがたまに流れてくるし)、まあこの水準の記事を週2ペースでアップするくらいじゃたかが知れてるな、ということはわかった。

そもそもターゲットの読者がニッチ、というのもあるんだけど・・。

 

今月は少し作戦を変えて、検索に強い記事づくりをしたいなあと思う。

↓これとかけっこう頑張ったんだけどな。「EDM Cubase 初心者」とかだと1ページめに出てきてくれるんだけど、グーグルさんに「DTM Cubase 初心者」の間違いじゃないですかあ?とか訂正を迫られてしまう。

長期的に作戦練ったほうが良さそうなので、月間PVは今月も500を目標にしつつ、更新は週1回ペースに落とそうと思っている。(この記事はノーカウント。)

 

frenchbread.hatenablog.com

 

今関わっている作曲関連の案件

今わたしがネット上で関わっている案件は以下の3つ。

誰が興味あるんだコレ。でも晒す。

 

1つ、ボカロバラードプロジェクト。これ。

frenchbread.hatenablog.com

 

2つ、piaproのコラボで知り合ったruke (@NightSky_M) さんとの制作活動。このブログでたまに登場するわたしのサンプル作品の多くがこの方とのコラボ作品・・の途中過程だったりする。

そこそこ長く活動しているのだがゆったりと進んでいて、以下が現時点で唯一発表に至ったコラボ作品。いつか動画になってニコ動に登場する。のかもしれない。

 

piapro.jp

 

3つ、先日piaproで新しくいただいた詩先での単発作曲ご依頼。まだこれは全然形になってないが、今月中の完成を目標にしている。

そういえば最近piaproがアップデートされて、依頼の受付をホーム画面で設定できるようになったよね。

 

 

というわけでとっても暑い8月ですが気張っていきましょう。えいえいおー。