DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

耳に自信がなくても使えるiZotope Neutronのミックス活用手法

長いこと音作りやミックスに悩んでいます。

こんなに長く一つのことに悩むのは、昔の実らなかった初恋のとき以来なのではないか?と思うくらいです。

って、そんなこと誰も聞いてないですね。さてiZotope Neutronのお話です。

 

iZotope Neutronの概要

基本的にはEQ、コンプレッサー、エキサイターといった基本的なプラグインのセットパッケージです。

そこは別にどうということはなくて(優秀なのかもしれないけど)、目玉は「トラックアシスタント」機能と「マスキングメーター」機能です。

前者は指定したトラックの音を解析して、EQやコンプレッサーの自動設定をしてくれる機能。後者は、2つのトラックの周波数帯域のかぶり、すなわりマスキングが起こるゾーンを検知してくれる機能です。

「もうちょっと詳しく」「それってどうすごいの?」という点は他のサイト・記事で十分に説明されているのでこの記事では省略します。1つ有名ブログ様(こおろぎさんち)の記事だけご紹介しておきますね。

 

トラックを解析し自動で適切なコンプとEQをかけてくれるプラグインエフェクト「Neutron」でミキシング2.0の時代へ

 

トラックアシスタントはトラック単体での音作り補助機能

本論はここからです。

僕(ニコニコ動画にボカロ作品投稿して1,000〜2,000再生くらいの下級DTMerです)はトラックアシスタント機能を目当てにNeutronを買いました。

この機能を使えば、フェーダー・パン設定やリバーブなどの空間系は自力でやるとして、それだけでミックス70点くらいの、自分のレベルとしては十分な結果が得られるのではないかと思っていたんです。

いやー甘い甘い。

 

で、実際に使ってみて「これは音作りの補助機能であって、ミックスの補助機能ではないな」とわかりました。

 

というのも、一般的にミックスと呼ぶ工程、特にプラグインエフェクトの設定をする作業は、「トラック単体の音作り」の要素(単独最適化)と「他トラックとのバランス調整」(全体最適化)の要素に分かれると思います。

トラックアシスタントは他トラックとの関係は考慮せず、トラック単体での自動解析・設定を行う機能ですので、単独最適化の提案機能になるわけですね。

 

 

またどうやら、たとえば対象トラックがギターだとすると、トラックアシスタントは「ギターとしての理想の帯域分布や波形に近づける」という働きをするわけではなく、「これはギターだから、こういうEQやコンプのかけ方がいいんじゃない?」というプリセット的な提案する機能のようです(※)。

といっても現在の音量や帯域分布を解析してパラメータを設定してくれるので、ただのプリセットよりとても便利なんですが。

(※)試しにNeutronを多段掛けしてみると、重ねるごとに設定の強さ(たとえばコンプのレシオ)が収束するということはなく、似たような設定でエフェクタをセットし続けます。

 

なので、トラックアシスタント機能はスゴいんですが、以下のことは肝に命じる必要があります。

  • 決してミックスの提案をしてくれるわけではない
  • 個別トラックに対しても「とりあえず差せばいい」というものでもない(あくまで主要エフェクタセットのプリセットの進化版)

 

ミックスに役立つのはマスキングメーター

一方、僕のような下級DTMer(この表現くどい)がミックスにおいてよく悩むことの1つがマスキング問題です。

フェーダーやパンはそれなりに考えて設定した。アレンジも配慮したつもり。だけど音源を仕上げようとすると音がダンゴ状態になっていたり、その影響もあって音圧が十分に稼げなかったり・・。

実際には「ミックス以前にアレンジが悪い」という原因のほうが大きいかもしれませんが、ミックスで問題を緩和しようとした場合、EQなどでマスキングを回避することは対策の1つになりますよね。

ただ、これがなかなか下級(略)には厳しくって、たとえば2つのトラックのEQのアナライザーを立ち上げて同時に眺めて「なんとなくこの辺が干渉してるかな?」と推測したりするものの、妥当な設定ができているのかまるで自信がもてません。

 

そこでNeutronのマスキングメーター機能の出番です。

下のような感じで、干渉している帯域が白く光ったり赤いメーターが飛び出たりするので、譲ってあげる側(この例ではピアノとボーカルの干渉をチェックしていて、ピアノが譲ってあげる側)のトラックのその帯域を下げればOKということになります。

ビジュアル的なサポートが強力なので、パラメータ設定がだいたいで良ければ初心者でも難なくできます。いや、だいたいじゃダメなんでしょうけれども。

 

(2018/5/10追記)僕が使っているのはNeutron 2ですが、1には上部のメーター(赤や白のバーの部分)がないようなので2より少し操作しづらいかもしれません。

 

f:id:naoki-horiuchi:20180507220453p:plain

  

こんな使い方をしてみた

以上の考えから、次の方針でNeutronをミックスに使ってみました。

  1. 単体トラックに対してトラックアシスタント機能は使わず、マスキング調整のみの用途でNeutronを使う
  2. マスタートラックに対してトラックアシスタント機能を使う

 

2は本来のNeutronの用途ではないのでしょうけど、マスタートラックに対して各種エフェクタをインサートすることは普通にありますし、マスタートラックだけに「単独最適化=全体最適化になる」という考えから、使っておかしいことはないだろうと判断しました。

初心者にはどう使えばいいかいまいちわからないマルチバンドコンプなんかもしっかり設定してくれるので、他に有力なマスタリングツールを持っていない方には十分戦力になるんじゃないかと。

 

では、当ブログおなじみの「微妙なクオリティのBefore / After」いきましょう。

まず、Neutron使用前の仮ミックスです。単体での音作りや、フェーダー・パンの設定は終えています。

 

続いて、前述の方針によるNeutron使用後状態です。

 

なかなか微妙なところですが・・(笑)後者のほうがボーカル(ボカロ)が聴こえやすくなっているのと、低音の重たさが少し解消して明るい印象になったと思いませんか?

 

以下、実際にやったことをもう少し詳しく書きます。

 

マスキング調整
  • キックとベースでマスキングのチェックを行い、ベースの低域を一部カット
  • ピアノ・ギター・その他上モノ(ストリングスやシンセ)すべてとボーカルのマスキングをチェックし、干渉する帯域をそれぞれカット

この2点です。ストリングスやシンセまで対象にする必要があったかはわかりません。 

 

マスタートラックへのトラックアシスタント適用

ミックス版は高域が少し弱いように思われたので、Styleは「Upfront」、Intensityは「Middle」にしました。

「Upfront」は中高域を持ち上げたり、アタック感を強める方向に作用する設定です。

Intensityは強くするほど、EQのブースト/ゲインを積極的に行ったり、コンプのレシオが大きくなったりします。

 

適用結果の例として、EQの自動設定結果は以下のようになりました。

超低域および低音が集まりがちな300Hzあたりをカットするのと、高域にはごそっと持ち上げる、という判断をしてくれたようですね。

 

f:id:naoki-horiuchi:20180509000038p:plain

 

 

いかがでしょうか?

「すんげーいいじゃん!!」と思ってくれた人は・・少ないと思いますが、ほんのちょっとでもミックスを改善できて、Neutronさえあれば誰でも再現できそうな使い方だと感じてもらえれば嬉しいです。

それではまた!

 

 

(2018/5/14追記)

この記事を書いたら、プロの作編曲家・DTM講師であるえきさんに「このミックスの問題点が何か」の解析記事を書いてくださいました。

おそらくプロの耳で聴けばバランスがおかしいのはすぐわかるのでしょうが、ここまでに丁寧に示していただけると説得力がすごいです。

これは勉強になったわ・・

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

Junk Guitarのフリー版再配布!有償版V1との大きな違いはベロシティレイヤー

Junk Guitarのフリー版の再配布が2018年4月末より始まりました。

このブログでも前に紹介記事を書いたご縁があるので(ご縁と言ってももちろん僕が勝手に書いただけですが)、フリー版と有償版の違いを確認してみました。

 

Junk Guitarの製品ラインナップ

こちらは本家サイト様へのリンクです。

fujiya-instruments.com

 

「V1」「LE」「for EXS24」「Free」の4タイプがあり、この順に価格が高いです。

  • 「V1」はフルパッケージ。ベロシティレイヤー対応、V1.5系搭載あり
  • 「LE」はベロシティレイヤーなし、V1.5系機能のうちコードモード(リアルサンプル版)のみ搭載
  • 「for EXS24」「free」はベロシティレイヤーなし、V1.5系搭載なし
  • 「for EXS24」以外はサンプラーとしてKontaktが必要(無償のKontakt Playerでは時間制限があり実質使えない)

 

Kontaktを持っていないLogicユーザーにはfor EXS24EXS24はLogic標準付属のサンプラー)しか選択肢がありませんが、Kontaktを持っていればfreeがフリーで使える(アホみたいな表現)というわけです。

 

V1系とV1.5系

先ほど「V1.5系あり・なし」等と書きましたが、現在Junk Guitarには大きくV1とV1.5の2系統があり、V1.5はUIが未完成という理由でβ版とされています。

そして「V1」の製品パッケージの中に「V1」「V1.5」が同梱されています。

若干ややこしいので、僕は勝手に「系」をつけて表現しています。正式な呼称ではないのでご了承ください。

 

V1.5系とV1系の違いは、本家サイト様でこう紹介されています。

Junk Guitar V1.5では、ギターならではのアレンジをまるでギターを演奏するように簡単に入力できるようになっています。左手で和音を抑えて、右手で爪弾くだけでアルペジオを演奏できるアルペジオモード。スライドやハンマリング、プリングを織り交ぜたカッティングを簡単に入力できるカッティングモード。収録されたコードが大幅に増加しただけでなく、抑えた和音を解析し、ストロークを入力するだけでコードストロークを再現できるリアルコードモード。さらに各弦の挙動までシミュレートしたシミュレートコードモード。完全5度や完全4度だけでなく、オクターブから減5度、増5度などの音程の和音を使ったリフを簡単に入力できるリフモードが追加されています。

 

V1.5系の難点はモードごとに音源ファイルが別という点でして、まあ使いたいモードの数だけトラックを用意して切り替えればいいだけなのですが、1トラック内でキースイッチで切り替えできるV1系はラクなので、僕はV1系を使っています。

アルペジオもカッティングもV1系でも表現できますし。

 

ベロシティレイヤーによる差はどんなもの?

V1.5系を無視してV1系で比較すると、有償版とfreeの差はベロシティレイヤーということになります。

本当はUIの違いもあるのですが、見やすいかどうかというだけなので、これについては以下のスクリーンショットのとおりということで。上が有償版、下がfreeです。

 

f:id:naoki-horiuchi:20180429131751p:plain

 

では、ベロシティレイヤーで音の良さがどれだけ変わるの?という点ですが、簡単な実験をした結果、やはりそれなりに差があると思いました。

 

こちらをお聴きください。

「ベロシティレイヤーなし→あり」が2パターン続きます。

 

1パターンめは非現実的ですが、以下のように機械的にベロシティを上げながら音を出したサンプルです。

freeのほうでは強い音を出すサンプルを使用しているようで、ベロシティが大きくなってくると同じような音になりますが、小さいベロシティゾーンは有償版のほうが繊細な音が出ますね。

 

f:id:naoki-horiuchi:20180429133206p:plain

 

2パターンめは実際に僕が打ち込んだ楽曲から取り出した演奏での比較です。

(こういう記事を書いておいて恐縮ですが、自分はギターを実際に弾いたことがない素人で、打ち込み方は変かもしれないです。)

あまり激しく抑揚はつけていないのですが、どこかにベロシティレイヤーの切り替えポイントがあるのか、freeに比べると少しベタ感が薄れていると思います。あと、ベロシティの平均値自体が中間付近なので、free版ほど硬い感じがしないですね。

 

f:id:naoki-horiuchi:20180429133611p:plain

 

ただ、激しめの楽曲の中でバッキングを演奏させる分にはそれほど気にならないかもしれません。

先のサンプルはソロ収録なのでまだ違いがわかりやすいですが、他のトラックと混ぜてみると、僕の素人打ち込みのレベルでは全然差がわからなかったりもします。

 

興味がある方のために一応比較音源を貼っておきます。

前回記事でも使用した「Shooting Star」という曲のサビで、有償版を使用した演奏がこちらです。

 

対して、ギターをfreeに差し替えた演奏がこちらです。僕が第三者として聴き比べたら、同じURL貼ってるんじゃねえの?って思うくらい差がわかりません(笑)

 

Kontakt持ち&有償ギター音源なしの人は導入して損はない

Kontakt用のフリーギター音源としては「VS BURST LP FREE」が有名ですが、冒頭の記事でも書いているように初心者にとっての扱いやすさとしてはJunk Guitarが優れていると思うので、とりあえずダウンロードして損はないでしょう。

強弱を繊細に出したくなったり、V1.5系を使いたくなったら有償版を購入すればいいですしね。

ダウンロードはこちらから!

 

・・僕はもうちょっとまともな打ち込みができるよう勉強しますね(泣)