読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTMスキルアップメモ - frenchbread

DTMのクオリティアップに向けた修行記録です。

CDづくり→コラボレート

 行きつけの美容師さんが元セミプロ的なバンドマン、それもアメリカでツアーをやったことがあったりするバリバリの人で、実はわたくしもコンピュータでちゅらちゅら曲を拵えるんです、まーお遊戯ですけどね。なんて話をしていたら、曲をCDに焼いてもってきてくれと言われ、それもそのときの話の流れとかというよりは、ここのところ毎回言ってくださるので、恥を忍んでCDをつくることにした。

 何もCDとかじゃなくて、piaproのURLをメールとかで伝えてもいいような気もするけれども、おそらくはその人は古き良きCD文化への愛着があるのであろう(彼のバンドの曲はyoutubeにあがってるけど)。

 ということで持ち曲いくつかをCDに入れることにした。話す分には彼はボカロはあまり好きではなさそうなので、数少ない生歌モノを極力入れる方向で選曲した。

 1.Garden Girl

 2.もっと抹茶ニット

 3.肥後橋クリスマス

 4.妄想ウェディング

 5.花音(かのん)

 (何のこっちゃ他人が読んでもわからないが気にしない。)

 1と4は両バージョンあって、3は生歌だけ。2はミクさんだけ。5は日曜にレコーディングする新曲で今はミクさんバージョンだけ。両方ある曲については生歌側を採用すすることで3:2となるので、このへんでご容赦いただこう。

 ただ問題は、Garden Girlはかなり初期の作品で、曲自体は自分でも気に入っているものの音がいかんせんショボすぎる。が、今やわたしはけっこういいドラム音源、まあまあなベース音源とギターアンプを入手したし、ミックスもほんの少しだけ上達した。そこでわたしは急ぎGarden Girlを再編成し、ちょっと突貫気味だったが曲は相対的に改善された。やった。これでやっと髪が切れる。

 このノルマのおかげでなかなかここ数週間美容院に電話ができず、すでにわたしの髪はボサボサである。というか、CDを仕上げないと髪を切れないなんていう因果なサラリーマンがどこにいるだろうか。そんなことを考えながら美容院に予約の電話を入れると、土日はすでに予約がいっぱいとのことで、わたしの髪はさらに1週間ボサボサを進化させることとなったのであった。

 

 しかし、人間万事塞翁が馬である。

 翌日わたしは、そろそろ次の曲を作りたいけどそろそろ詩が苦しいけどどうするか(何せ新作の花音のサビの歌詞がランラランのみというくらいのネタ切れである)。と悩み、そういえばpiaproにはコラボというものがあって、作詞する人が作曲する人を募集していることもあったはず。と思い立ってコラボを探し、自分なりにこれだ、と思ったところの門を叩いた。抹茶ニットのヒット(当人比)で少し自信がついて、そろそろこういうことをしてもいいんじゃないかと強気になっていたのである。したところ幸い需要と供給はまずはマッチし、わたしはいい感じの詩を選ばせてもらって曲を作ることになった。

 で、どこらへんが塞翁さんの馬かというと、その方が修正したてのGarden Girlを聴いて「歌ってみた」をしてくれると言ってくださったのである。門を叩いた時点で、わたしはその方が歌い手さんであることも知らなかったし女性であることにも気づいてなかったので、ほんとに偶然が重なったように思え、うおお、Garden Girl直しておいてよかった、音源買っておいてよかった、とわたしは心から思ったのであった。

 それにしてもやること増えたなー。