読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTMスキルアップメモ - frenchbread

DTMのクオリティアップに向けた修行記録です。

ギター習得あれこれ→長期目標を語る

ここのところ、悩まされつづけているギター問題にいよいよ向き合うべく、ELECTRI6ITYの購入を検討→レビュー動画などをつぶさに視聴するなどしていたのだが、そのうちに購入をためらっている原因が、価格の高さもさることなから「ギターのことが全然わからないのに、こんな複雑な機能を使いこなせるわけがない」という不安にあることがわかってきた。

 

だとすると当然、ギターを勉強するしかないわけで、その確実な方法としてはギターの師を探しこれに教わり習得する、あるいはもう少し低コストで行こうとすると、教本などを購入し、仕事を放棄して四六時中猛特訓する、みたいなことになるのだけれども、それにはちょっとだけ勇気が足りない。それでまあ、せいぜいギターが活躍する曲などを聴いて我流で研究するというぬるま湯な結論に落ち着いて、いまもっぱらポルカドットスティングレイ、という奇天烈な名称のバンドの曲を聴いている。久しぶりにiTunesストアで曲の購入とかしてしまった。中でもお気に入りがこれ。

 

www.youtube.com

 

あからさまに椎名林檎に感化されている歌い方を少し改めたようでボーカルも聴きやすくなり、2番Aメロ最後の「僕は非力だ 愛してるさ」の歌い方なんかすごくイイ。

などと一直線に脱線してしまったが、ギターバンドなので音数が少なくギターの音がよく聴けるし、ギターのアレンジも凝っている(少なくともわたしから見れば)。

そしてまた、こういう曲に対して、「弾いてみた」とか、耳コピでTab譜を起こして動画をアップしてくださる方々がいるので本当に助かっている。恵まれた時代だなあとも思う。

 

で、その成果やら音源の問題についてはおいおい述べることにするが、一つ長期目標のようなものができたので、それを語る。

わたしが今通っているDTMスクールの校長先生的な方が、過日泥酔されたついでに「自分は幼少のころから楽器は何度かトライしたけどあまり上達しなかった。けれども打ち込みに出会ったので好きな音楽を続けられた。今の日本でもピアノ教室とかはたくさんあるけど、手先が不器用だとかいう程度の理由で楽器が苦手な人が音楽を上達するためのメソッドはあまりなくて、そういう道を作りたくて自分は学校を立ち上げた」みたいなことを熱く語られていて、自分はその時点では半笑いでシャンディガフを飲むなどしていたのだけれども、考えてみれば自分が直面している状態も、楽器スキルがネックとなって壁にぶちあたっているという意味でその応用系である。

なので、自分が将来これを克服できて、ぐんぐんに打ち込みスキルが上達したら、楽器ができない・経験がほとんどないような人が、志半ばでDTMを断念してしまうのを防ぐ手助けになるようなノウハウを、何かの形(普通に考えるとWebサイトとか)で残したいと思ったのである。

言うまでもなく今のわたしのステータスからは相当に遠い距離にあるので、このあと何年先までモチベーションが続くのか・・という感じだが、せっかくなので記録しておくことにした。