DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

kontakt→セルフレコーディング

ギターの音源について調べるうちに、「kontaktさえあればフリー」というタイプの音源がやたら存在することに気づいた。最初わたしは「は?フリーって言ってんだろ。詐欺記事かよ」と思っていたが、中には「kontaktは有料だが、DTMやっている人はみんな持っているのが常識だと思うので」みたいなことも書かれたりしているものもあって、え、ちょっと待って??とわたしは焦った。

もしかして、kontakt持ってないのにDTMやってて、初心者からそろそろ抜け出してきたかなと思っていたわたしって相当な勘違い人間だったのか。

衝撃を受けつつ、もう少し調べて以下のことがわかった。

 

kontaktは音源のエンジンで、その上でいろいろなライブラリ(個別音源)が動く。

kontaktの価格は48,000円ほど(セールやるときもある)。

・kompleteというパッケージ製品があり、kontaktエンジンと膨大なライブラリを含んでいる。68,000円ほど。

・といってもkontakt本体にもノーマルな音源のライブラリは付いている。

 

kompleteのほうがお得感があり、ネット上の初心者向けアドバイスでもkompleteがオススメされている。が、わたしは以下の記事なども見て、kompleteではなくただのkontaktを購入することにした。

cineraria-studio.com

 

まさにこの記事を書いた方と同じ感覚で、把握できないものを持っているのが嫌だからである。もちろん差額20,000円もバカにならぬし。

 

かくしてわたしはkontaktを手に入れ、長い時間をかけてようやくDTM初心者の入り口にたどりついたことに嬉々としたのであるが、冷静になると直接の目的は冒頭のギターのフリー音源だったので、これもインストールした。

 

versusaudio.com 

さて装備増強ができたところで、この子たちを使って何をしようかしら。と思っていた頃合い、通っているDTMスクールから「レコーディング演習」があり、「自分で1コーラスの曲を作って自分で歌え」という暴力的な宿題が与えられた。

これはちょっと困る。適当に1コーラス作るのはいいとして、というかストックがそこそこあるので手抜きすればそれを使えるはずのだが、わたし(男性です)は女性ボーカル曲しか作らないので今回は使い回しができないし、それ以上に自分で歌えというのが問題である。

とはいえ宿題をやらぬわけにもいかないので、kontaktやVS BURST LP FREEを試しがてら、わたしはいい加減なロック調の歌を1コーラスこしらえて、今朝近くのスタジオに出かけてこれを収録した。公平に見て中の下くらいの歌唱力の自分が、スタジオで熱唱しつつそれを録音している様は、悲劇というより喜劇だったであろう。

帰宅したわたしは、さっそく歌をいい感じに編集する作業に入った。一応わたしは、というかLogicが、というのが正しいが、ピッチ補正の技(もとい機能)を持っており、これまで何人かの知人に尊い犠牲になっていただいたおかげで経験値もあるので、案外いけるんじゃないかなと思っていた。

しかし、これまで編集したどの女性の声よりも自分の声の編集は困難を極めた。あまりにも下手くそなために歌がブレすぎていて波形が安定せず、ピッチ修正するにもうまいポイントが見つからなかったのである。

半ば投げやりになりつつ、編集作業は完了した。これが万一そこそこいい感じに聞こえたとしたら、わたしのボーカル編集テクはなかなかのものである。もしくは、あなたのセンスが悪すぎるかどちらかだ。

 

※その後、あまりのひどさに自分で嫌気がさして音源を削除しましたw 代わりにボーカルをインストに変えたバージョンです。