DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

メロディ&コード×アレンジ×音色×ミキシング=クオリティ

Kontaktを購入したことに浮かれすぎたわたしは、前回うっかり自分の歌を本ブログにアップするという生き恥を晒し、2度とあんなバカな真似はすまい。と深く反省したのであるが、それはそうと、せっかくKontaktが手に入ったのだから、気を取り直して手持ちの楽曲で完成が比較的昔のものをKontaktの音源に差し替えるということをやってみた。

piapro.jp

 

さあどうだ。これでわたしの曲は見違えるようなハイクオリティ作品になるぞ!

・・と、すでに何回もこのフリを使っている気がする。ということはオチも当然に同じである。そう、大した改善は見られなかったのだ。

実を言うと、このたびばかりは本当にそこそこ期待していた。プロレベルとはいかないにせよ、ニコ動で豪勇無双の活躍を見せるなんたらPみたいなレベル、の1歩手前、の2歩手前くらいに行くんじゃないかと思っていた。しかし改修後のわたしの作品は相変わらず、社内旅行の新人芸のようなレベルだった。小道具に少しばかりお金を掛けてるのかな、程度の。

 

それで思い浮かんだのがタイトルのような式である。

素晴らしい楽曲は、通常、メロディ&コード、アレンジ、音色、ミキシング、全て優れている。これを100点満点とすると、「他は全て素晴らしいがアレンジがまるでダメ」という楽曲があった場合、その打撃は25+2.5+25+25=77.5点(-22.5点)程度ではおさまらず、(10×1×10×10)×0.01=10点(-90点)に及ぶという仮説である。あ、0.01は10000点満点を100点満点に換算する係数だと思ってください。

これを逆に言えば、平均点が低い中で何か1要素がぐんと上がったとしても、それだけでは大した効果はないということだ。

わたしの場合、よく基準がわからないがとりあえず現状が全て4点だということにしよう。(4×4×4×4)×0.01=2.56点。我ながら絶望的な評価値だが、まあ実際そんなとこなんだろう。で、ここにKontaktその他の導入により音色ポイントが6点に向上したとしても、結果は(4×4×6×4)×0.01=3.78点。底辺で虫がうごめているに等しいというわけである。

しかし、わたしがたゆまぬ努力をして他の要素も6点に引き上げたのなら、(6×6×6×6)×0.01=12.96点、ここへ来て音色の2点の差がモノを言い、先のアレンジだけ1点の例をついに凌駕するのである!

 

うむ。それなりに真実を表しているような気がする。やはりわたしの賢さたるや尋常ではない。

と思ったものの、万一この公式が真理をついたところで、そもそもその点数が図れない以上、けっきょくこの公式は何にも役に立たない、と気づきわたしは愕然としたのであった。