読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTMスキルアップメモ - frenchbread

アマチュアDTMerです。修行しながらのそのそと日記を書いています。

piapro(ピアプロ)に作品をアップしています。よければ聴いてやってください。

聴覚の問題

 

そろそろ新曲を発表したい、このブログとしてもそのほうがネタが増えるし、なんてことを思っているが、少し前まではスクールの中間発表課題を優先していたり、また先のことを考えると少し計画的に動かないといけないので、なかなかリリースできずにいる。

とはいえ、考えてみれば誰もわたしの新曲など待っていないし当ブログも自己満足の塊であるため、誰も困りはしない。因果なものである。

 

そのうちにちょっと時間ができたので、旧曲の再ミックスを行った。音源やミックス用プラグインを買うようになってからちょくちょくやっていたのだが、今回この「タカラモノ」を再ミックスしたことで、最低限ここまではやらないと、と思っていた2015年以前の曲までがようやく完了した。

 

piapro.jp

 

まあその、そのわたしの中のちっぽけな目標ラインなど余人にはまったくどうでもいい話ではあるが、なまじ音源やミックス用プラグインをある程度入手したことで、けっきょくクオリティがほとんど上がっていないのが自分自身のせいであることが改めて証明されてしまったことが悲しい。

というわけでわたしの何が駄目なのかを日々分析しているのだが、そしてむしろ駄目でない点がほとんどないことに日々愕然としているのだが、最近まずいなあと思うのが自分の聴覚である。

いうまでもなく音楽に対しては聴覚がすべてであり、作曲・アレンジした楽曲のハーモニーが濁っていないか、パートごとの音量のバランスは適切か、高音または低音ばかりが目立ちすぎていないか、とか、DTMをやっている以上自分でそれを判断しないといけないわけだが、このすごく大事な部分のセンス、もしくは練度、もしくはその両方がわたしには不足しているのである。

 

たとえばスケールがプレーンな「ドレミファソラシド」の上に「ファミレド」というメロディがあって、そのミがミ♭だったりするとスケールから外れるので当然駄目なのだけれども、曲を作っている中で、たまにその駄目な音の配置がわたしには自然なように聴こえてしまうことがある。

それから、ミックスもうまくいっていないことが多く、先生などに聴いてもらうと(先生じゃなくて知人に聴いてもらっても)、この2つのパートがかぶってるね、とか、リバーブがかかりすぎてるからもっとドライにしないと、とか言われる。そう言われるとそうなのかなとは思うが、また自分でゼロからやり直せばうまいバランスにできるかと問われると自信がない。

一事が万事、そんな体たらくなのである。

 

たぶん、上達する人とそうでない人で大きく差がある能力の一つなのだろうと思う。注意深い曲の聴き方をするとか、既存曲をできるだけ原曲に忠実に打ち込んでみるとか、そういう訓練が必要なのかもしれない。