DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

オーディオインタフェースとかイヤホンとかヘッドホンとかスピーカーとか

 DTMの入門書を読むとたいてい「オーディオインターフェースはまず必須」と書かれている。まあそういうものなのだろうと思って、わたしはDTMをはじめたころに、指示にしたがって「DUO CAPTURE MK2」という15,000円程度のエントリーモデルを買った。

 でも、現時点でわたしはこれを使っていない。たまーにセルフレコーディングをするときにマイクを差すために使うだけだ。理由は、単にMacをデスクトップに買い換えたときにドライバがうまく機能しなくて使えなくなったのを面倒で放置しているだけなのだが、別に不便を感じないというのもある。

 

 いっぽう、しばらく曲を作っているうちに、再生環境によって聴感がけっこう変わるなという当たり前のことに気づいてきた。

 たとえばわたしは日頃iPhoneのイヤホンでスマホに入れた曲を聴くのだけれども(いくつかイヤホン持っていたのだが壊れたり無くしたりしてこれしか残ってない)、こいつはやたらに低音を強調する特性がある。何も考えずにこのイヤホンで音楽を聴いている人はかなり多いと思うのだが、こんな偏りがあるなんていかがなものだろうか。

 でも、逆にこのことを意識しなければならず、ひところわたしはベースの音量をやたらに大きくしてしまう癖があったのだが(自信がある音は大きく、ない音は小さくする傾向にあるらしい。わたしはギターやドラムが苦手なので相対的にその心理が現れたと見える)、これをiPhone標準イヤホンで鳴らすとひどいバランスになってしまうので、さすがにおかしいと気づいて少し悪癖が是正できた。と思う。

 ヘッドフォンは少し前にソニーMDR-CD900STを買った。曲作りをやる人には有名な、良くも悪くも素の音を聴こえさせるという定番モデルであり、これなら偏りが出ないだろうと思うし、家には家の者もいるので、平素わたしはこれを装着して画面に向き合っている。

 が、ヘッドフォンで聴く場合とスピーカーで聴く場合でも、再生機器の特性の問題以前にステレオ感とか低音の印象とかが変わってしまうので、曲が仕上がってくるとわたしはスマホにmp3ファイルを入れて家の大きなテレビジョンに接続し、テレビジョンの少しく豪勢なスピーカー(よくわからないが音質の良さをウリにしていた)で再生してバランスを確かめたりする。しかしながら、工程が若干めんどくさいという問題と、豪勢なスピーカーゆえにわたしのショボい曲でも「あ、そこそこいい感じなのではないか」と誤認させてしまうという問題があった。後者はわたしの問題といえなくもないけど。

 それで最近、JBL Pebblesという小型スピーカーを購入した。これはいわゆるアクティブスピーカーというタイプで、USBに接続するだけで使える利便性の高いものである。値段はたかだか5,000円ほどで、ネットのレビューでも安いわりにそこそこ、と評判が良かったので選んだ。正直言って前回の記事のように聴覚に自信がないわたしにはどの程度の質なのかわからないが、一般人が持っていないようなハイグレードな再生環境では参考にならないので、ちょうど良いように感じている。

 

jbl.harman-japan.co.jp

 

 ただ、出力先を切り替えたり再接続した際などに、音量の設定が突然MAXになってしまうことがあって、油断してそのまま曲を鳴らすと突然爆音が発生してビビることがある。これだけちょっと困る。