DTMスキルアップメモ - frenchbread

アマチュアDTMerで、ボカロ曲や女性ボーカル曲を作る修行をしながら学んだノウハウや成果を書いていきます。目指せ、脱初心者。

新曲「夢患」をリリース(誰得な長文解説付き)

 久しぶりに新曲をピアプロに投稿した。もしかしたらわたしと同程度、またはもっと駆け出しのDTMerの人の参考になることもあるかもしれないので、楽曲についての情報やメモを整理してみた。長い曲なので、聴いてくれる人がいたら聴きながらの暇つぶしにでも眺めてみてください。

↓は30秒の試聴版です。

□曲の基本情報

 演奏時間6:43、BPM=87、スケールはDマイナー。暗めのスローバラード。

□使用ソフト

 Logic X pro

□使用音源

 初音ミク V3(ボカロ)
 EZdrummer 2(ドラム)
 BURST LP FREE(ギター)※KONTAKT 5上で動作
 KONTAKT 5標準音源(ベース、ストリングス、オルガン)
 Logic Pro内蔵音源(ピアノ、バックのピコピコ音)
 ※生オーディオは使ってない

□使用エフェクタ

 WAVES L1 Ultramaximizer(マキシマイザー)
 WAVES SuperTap2(ディレイ)
 WAVES IR-L efficient(リバーブ
 EZ MIX2(ギターアンプとして)
 その他は基本Logic Pro内蔵エフェクタ使用(コンプはWAVES製品と併用)

□トラック構成と音作り

 ①ボーカル

  メイン(Dark)、ハモり(Sweet)、メインの1オクターブ上重ね(Soft)の3人。3人目はAメロの音域が低くてメインのミクさんが歌いづらい部分をカバーするためだけに登場、音量小さめ。
  調声は、大したことはできないのだが、一応暗めでウィスパーっぽい(でもオケに埋もれない)歌を目指した。
  全体的に設定しているオートメーションはダイナミクスくらい。ベロシティは気になったとこだけ調整。あとは一部「ねえ」というフレーズだけ囁き感を強く出すためにブライトネス・ブレスネスを操作。
  エフェクタとしてゲート、ディエッサー、EQ、コーラス、ダブラー(ハモり)、ディレイ、リバーブを使用。3番AメロはEQ+フランジャーでラジオボイスっぽく加工。

 ②ドラム

  基本、EZ Drummer2に登録されている基本パターンからピックアップしたものを加工して作っている。サビの一部のライドシンバルを2倍にしたり、タンバリン入れたり、フィルをところどころいじったり、音数が少ないAメロや落としサビ部分は自分で打ち込んでいる。
  音作りはEQやコンプ・リバーブを控えめに入れている程度。何のこだわりもないトラック。

 ③ベース

  全体的に控えめな演奏で、ラストのサビ4連の3週目だけ高めの音域でひっそり歌っている。グリスアップ・ダウンなどの目立つ演奏もほどんどしていないが、ピアノの左手があまりルートをちゃんと弾いてなかったりするので、チェロがいない部分では特に土台の役割として重要なはず。
  音作りはEQ、コンプのみ。

 ④ギター

  エレキギター。1番Aの2回目と落としサビ以外ではほとんど活躍しておらず、休みも多い。サビもカベ的にコードを鳴らしているだけ。
  音作りとしてはペダルエフェクタでオーバードライブとコーラス使用、あとはアンプのみ。また、左と右に降って、右を少し遅らせてダブルっぽくしている。
  おそらく、音源の良さを全く活かせていない。ギター弾きが聞くと失笑するであろうトラック。

 ⑤ピアノ

  他に比べてまともなアレンジ・演奏表現ができているパート、と自分では思っている。
  間奏やアウトロなどソロが多く、他の箇所でもオブリガートをほとんどこいつが担い、さらにはコード感もほぼこの子にゆだねられている。使用エフェクタはEQ、コンプ、リバーブ

 ⑥ストリングス

  バイオリン、ビオラ、チェロの3トラック。バラード系ということもあり、1番のA,Bなどをのぞいて大抵の箇所で登場。
  チェロは主にベース的、バイオリンとビオラはオブリガード的な役回り。
  レガート、スフォルツァンド、トレモロ、ピチカートとできるだけ多様な演奏をさせたつもり。ラストのサビ4連の3週目入り〜4周目が真骨頂。
  使用エフェクタはEQ、ディレイ、コンプ、リバーブ

 ⑦オルガン

  脇役その1、登場したり休んだり。2番Bメロ、ラストのサビ4連の4週目あたりではちょっと活躍。
  以外の大半はアルペジオ的にコードを地味に奏でる。エフェクタはEQ、リバーブのみ。

 ⑧ピコピコ音

  脇役その2、適当なアルペジオによるサビの後半部などの賑やかし。
  エフェクタはEQ、リバーブのほかフェーザーを使い、パンがちょこまか動いている(はず)。

 ⑨マスタートラック

  エキサイターとマキシマイザー使用。
  マスタートラックへのEQとかマルチバンドコンプとかは怖くてできない。

 

□特徴、気をつけたこと、反省点など

・6:43と長いので、飽きないよう同じパートの繰り返しでも変化をつけるようにした。特に最後はサビが4サイクル回るので(ラスト2分)、転調も交えつつ1回ごとにオケが変化するようにした。

・詩(http://piapro.jp/t/1N2M)から、「悲しさ・切なさの中にも、君を想う暖かい気持ち、甘美で幸せな幻想といったものが感じられる曲に」というコンセプトにした。ラストの最大の盛り上がりからのアウトロの甘いピアノソロあたり、その辺を表現できたような気がしなくもない・・というのは自己満で、聴き手にそう感じてもらえたら嬉しい。(それ以前に、ここまで聴いてもらえるかも問題・・・。)
・音域がめちゃ広い。F3からF5。低い方は特に女性には厳しい音域で、メロディやコード作りの技量の問題。仕方なく前述のとおりオクターブ上のダブりトラックを作ることでごまかしたが、実は後日人間の歌い手さんに歌ってもらう予定なので、とても心苦しい。