DTMスキルアップメモ - frenchbread

アマチュアDTMerで、ボカロ曲や女性ボーカル曲を作る修行をしながら学んだノウハウや成果を書いていきます。目指せ、脱初心者。

ピアプロの閲覧数を増やしたいと考えるうちに迷走しはじめた件(後編)

前回記事の続きである。

 

前回、要するに「ピアプロ上の曲を聴いてもらうために、自分のブログを通じてアクセス数を増やせばいいんじゃないか」と思ったところまでを書いた。

 ところが一つ大きな問題がある。このブログ自体が別に人気ブログでも何でもない、というかわたしの曲と同じく底辺の存在なのだ。

 

となれば、課題は「どうすればブログのPVを上げられるか」になってくる。そこでわたしはここ2週間ほど、前回挙げたようなブログのノウハウ記事を読んだり、有名なブロガーさんを何人か新しくフォローしてみたり、果ては以下のような有料コンテンツに手を出したりと、にわか研究をはじめた。


おかげでいろいろなことがわかった。何より、とりあえずわたしのような底辺ブロガーがまず最初にやるべきは、低クオリティのコンテンツでいいからとにかくたくさん書くこと、ということだ。それも、できれば毎日更新を目標にすべきだという。

その心は、失敗しても失うものはないし、がんばってもどうせ高クオリティの記事が書けるわけではない。ということだそうで、もっともである。楽曲を作る修行に置き換えてもそのまま当てはまる。

それにしても、わたしにそんなに書くことがあるだろうか?まともに音楽活動ができるのは土日だけで、平日は体力と気力があれば細切れの続き作業をしたり、そのときどきで関心があることをリサーチしたりするくらいが関の山なのである。

 

しかし。先達のブロガーの方々によれば、この段階でテーマを絞る必要はなく、興味があることや専門性を発揮できるものなら何でも題材にすべきだそうだ。

わたしは音楽以外の自分の趣味・特技を考えた。たとえば、わたしはMicrosoft Excelの扱いに長けており、プログラミングをして仕事に役立つツールを開発することができる。それからわたしは保険・金融について詳しく、ファイナンシャルプランナー2級の資格ももっている。お金の話というのは普遍的に人気があるテーマだそうなので、これは良いかもしれない。

・・など考えているうちに、わたしはもはや手段が目的化しまっていて、見当違いの方向を走っていることに気づいた。保険について調べている人が、検索してたどり着いたページからその著者の曲を聴こうと思うとどうして思うだろうか。迷走にもほどがある。

 

 

本題に戻ると、ピアプロ閲覧数の調査をしていて気づいたことが2つある。

1)楽曲のプレイヤーがロードされても閲覧数は増えなくて、あくまで楽曲のメインページにアクセスしないと閲覧数は増えない。

2)自分がアクセスしても閲覧数は増える。ページをリロードしても増える。

 

1については、先日「夢患」のリンクを貼ったときにはプレイヤーのリンクを貼ってしまったので、ちょっと損したなあと思った。といっても繰り返しになるが、このブログのPV数から言って大勢に影響はないのがいっそう無念でもある。

2は、強引に自分でカサ増しすることができてしまうという話だが、でもやっぱり有用な知識でもない。というのも、たとえ自分で1000回閲覧数を増やしたところで、それに釣られた人が聴いたら、どう考えてもクオリティが見合わなかったり、フォロワーの少なさでおかしいことに気づいたりして、けっきょく正しい人気に繋がらないことが明らかだからだ。

 

 

こういった研究を繰り返すうちに、そもそもそんなに自分の曲を聴いてもらおうと画策して、それって自分以外の人にとってハッピーなのか?という根源的なモラルがむくむくとわたしの中で頭をもたげてきた。

わたしはその声に従い、そろそろ楽曲制作の修行(というかスクールの宿題)に戻ることにしよう。と思ったのであった。