DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

規約を守ってあそびましょう、うたスキミュージックポスト。

曲作りをはじめてしばらくしたころ、作った曲をカラオケで歌えたら面白いなあ、とふと思った。

したところ、ご存知の方も多いと思うのだが「うたスキ ミュージックポスト」なるサービスがあって、この欲求は容易に実現できることがわかった。

 

musicpost.joysound.com

 

最低限、mp3ファイル、画像(動画も可)があれば簡単に投稿できてしまう。わたしはいそいそといくつかの曲をアップロードしてカラオケに出かけた。

と言いたいところだが、実際には画像のところでちと、困った。世の中には絵が上手なひとがたくさんいて羨ましい限りだが、わたしは絵がちくとも描けぬ。まあテスト投稿なので黒地でもいいのだが、さすがに味気ないので、ピアプロで見つけて気に入ったものを保管しておいたミクさんフォルダの中から適当にチョイスして、歌詞を貼り付けてなんちゃってカラオケバック画像を作る、という作業をした。

あとでわかったのが、これがよろしくなかった。

 

さて、いざ近所のカラオケで指定の手順に沿ってリモコンを操作すると、おお!

いとも簡単に曲がはじまった。

 

f:id:naoki-horiuchi:20170625161908p:plain

 

考え見ればサーバーにアップしたmp3を再生しているだけで、何も不思議な仕掛けではないのだが、曲名と作者名がカラオケの画面に現れただけでなんとなく嬉しい。

 

なお、送り込んだのはこの曲である(宣伝)。

piapro.jp

 

(試聴版)

 

さてさて、カラオケといえばキー変更ができるようになっているものであるが、「うたスキ ミュージックポスト」でもこれは可能である。cubaseなんかにもオーディオを強引に移調させる機能があるが、あれと同じで周波数に一定の割合を乗じるなどしているのであろう。あと、確かテンポ変更もできた。

 

f:id:naoki-horiuchi:20170625162726j:plain

 

これは曲が始まってからの画面で、先に書いたいい加減なカラオケバック画像が画面に表示された状態で曲が流れている。

 

実験は成功したので、こんど友人とカラオケに行ったりしたらこれを使ってびっくりさせてやろうかな、とか思ったのだけれども、冷静に考えると、友人からしたら、ただでさえ下手くそなわたしの歌が、まるで知らない低クオリティの曲とともに流れ出したところで楽しくもなんともない。

歌い終わってドヤ顔をするわたしに対して「へー・・そんなことできるんだ、すごいね」みたいなことを、曖昧な笑顔を浮かべて言うことしかできないだろう。

 

 

さて翌日。先日登録したアドレスに1通のメールが届いた。

開いてみると、おお、なんとしたことか。画像にミクさんが使われているため、規約違反として削除してあげたよ、との親切なお知らせであった。

 

f:id:naoki-horiuchi:20170625163503j:plain

 

JOYSOUNDさん(会社名ならエクシングさんか)ともあろう有名な会社に、こんな地道な作業をしている方がいらっしゃるとは。。たいそう申し訳ないことである。

 

というわけで、画像には注意が必要ですが、曲作りをする方はこういう高度なカラオケの遊び方、いかがでしょうか。というお話でした。