DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

Nomad Factoryのエキサイター「COSMOS」を使ってみたよ

DTMのブログには機材やプラグインのレビュー記事が多いように思う。なんでだ。

わたしは長らく、その理由は自分のサイトからその機材とかプラグインを買ってもらって広告収入を得たいからだと邪推していた。実に器が小さい男である。

 

最近やっとわかったのは、単純にこの手の記事にはニーズがあるということだ。(この記事がそうだとは言ってない。)

自分だって、音源でもプラグインでも、どの製品がいいかを探ったり、狙いを定めたものを本当に買うかどうか決断を下すときに熱心に検索をする。

「さあボサノヴァ作るか、えっと作り方・・検索、と」みたいな奴はあんまりいないのだ。(この記事のことを言ってる。)

そんなことにもわたしは本当に気づいていなかったのだ。わたしは器が小さいうえに馬鹿なのか。くそう。

 

さて、気を取り直していくぞ。Nomad Factoryのエキサイター「COSMOS」のお話である。

 

f:id:naoki-horiuchi:20170811210129p:plain

 

エキサイターって何?

・・という人はこの記事を読んでいないようにも思うが、いちおう書くと「倍音成分を増幅するエフェクター」である、そうである。

それで、これまた言うまでもないが、倍音を多く含む音はハキハキとしてきらびやかな印象となる。(倍音がない音=純粋なサイン派は素朴で主張がない音である。)

ほかに「エンハンサー」という言葉もあり、厳密には違うようだが、とりあえずは似たようなものと考えていいようだ。

 

(参考リンク)

偏ったDTM用語辞典 - エキサイター:Exciterとは - DTM / MIDI 用語の意味・解説 | g200kg Music & Software

DTMプラグイン「エンハンサー/エキサイター」が行う処理とは | ありんこ書房

 

Cubaseにはエキサイターが付属していない

わたしはCubaseとLogicの両方を使っているのだが、Logicには標準でエキサイターが付属しているがCubaseには付属していない。Cubaseのほうがよほど高価なのにね。

他のDAWはどうか知らないが、けっこうメジャーなCubaseがそうなのだから、初心者の方はこれまでエキサイター使ったことがない、という方も多いのではなかろうか。

 

わたしも実のところプラグインにはあまり興味がない・・というかまだそういうレベルに達していない雑魚なのだが、80%セールをやって25ドルになっていたタイミングで買ってみた。まあ、ユニクロで服買うくらいの感覚だろうか。

 

COSMOSビフォーアフター

じゃあCOSOMSのレビューを書くよ。と行きたいところだが、基本的にはこれを見ていただければ、わたしとしては何も追加で説明できることはない。

 

kohrogi.com

 

あとは初心者的目線で加えるとすれば「プリセットのラインナップが手頃」というのも実際に購入して嬉しかった点である。

プリセットが多いことをウリにするプラグインや音源って多い気がするが、わたしは数が多いと試しきれないのですぐ嫌になる。新宿とか梅田のデパート群よりそこそこな街のショッピングモールのほうが使いやすい、みたいな。ね、そういうのありません?

 

f:id:naoki-horiuchi:20170811211722p:plain

 

というわけで、わかりやすい選択肢の中からプリセットを2つ3つ聴き比べてチョイスし、パラメータのカスタマイズもせずにドラム・ギター・ボーカルあたりに適用してみた。

 

実際に聴いていただこう。こちらがCOSMOS前のドラム+ギター。

こちらはCOSMOS後である。

参考までに、他のパートと混ぜたもの。

 

どうだろう?使用後の音は、使用前に比べて

ハイハットとスネアの音が活性化している

・ギターののっぺりした感じが緩和されている

気がしませんか?

 

こおろぎさんの記事にもあるとおり、強く効くわけではないが、嫌味なく元気を下支えしてくれるといったところか。

というわけで、わたしはけっこう気に入っているのである。

 

 

(追記)

フォロワーさんが「ピアノだとどうなるんだろう?」とコメントされてたので、簡単な比較動画を作りました(ツイッターに載せるためこっちは動画・・)。

使ったプリセットそのままだとちょっと雑で、音がキツくなりすぎてしまいましたが、変化の方向性はわかると思います。

youtu.be