DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

「見えたはずの世界」から見えた、これからのこと

こんばんは、frenchbreadです。

なんかこう、重要そうでしかもうまいこと言ってる風のタイトルをつけましたが、別に大したことは語りません。新曲を出したらとりあえずセルフ紹介記事をあげることにしているので、ただのそういう記事です(笑)。

 

 なお、こちらの企画もまだまだ始まったばかりです!土曜日に更新しますよー。

frenchbread.hatenablog.com

 

楽曲のコンセプト

www.nicovideo.jp

2:30ちょっとの短い曲です。初期の嵐みたいなジャニーズ爽やか系っぽい楽曲をイメージしました。あくまでイメージね。イメージ。

今回はとにかく再生数を増やすことを目標にしました(理由は後述)。そのための作戦のひとつして、まず「アップテンポで短い曲を作る」をコンセプトにしました。

 

「アップテンポで短い曲」については、過去記事でこんな考察をしています。

frenchbread.hatenablog.com

 

この方針は間違っていなかったように思いますが、肝心の曲の中身自体もやや軽いというか薄くなってしまったというか・・という反省はちょっとあります。

並行していた作業やら、投稿したかったタイミングやらを考えるとこれが限度だったので、自分としてはバランスをとった選択だったのですが、今回の結果を踏まえると、次はもっともっと納得いくまで曲を作り込んで発表したいと思っています。これまた後述。

 

楽曲のトラック構成と使用音源

f:id:naoki-horiuchi:20171026204013p:plain

同業者(ボカロPさんなど歌もの作っている作曲者さん) は興味ある情報かもしれないので、晒しておきます。

今回はMIDIトラックで言うと(=ドラムのパラアウトやバスのみのトラックを除くと)、7トラック+ミクさんです。かなり少ないですよね?たぶん。

  • ドラム:Cubase標準付属のGroove Agent SEです。電子系のドラム音源を持ってないんですよねー。
  • ベース:Trilianからシンセベース系のプリセットを選びました。ほぼ加工もしてません。Trilianのシンセベースのプリセット多すぎて選べないよ・・。
  • ピアノ:Addictive Keysです。僕はバンド系楽器すらロクに操れないのでいつも鍵盤に頼りますが、今回は珍しくピアノが目立たないほうです。
  • ギター:少し前に紹介記事をあげたJunk Guitar+Amplitube 3です。よくこんな腕前でギター関連の記事アップしたよな、みたいな出来ですね。はい。
  • ストリングス:HigtとLowに分けています。Kontakt 5の標準ライブラリの音源を使いました。ストリングスは頻繁に使うのでいい音源欲しいですが、オーケストラ系音源って底なし沼なイメージがあり、ずっとこれを愛用しています。楽曲のイメージはかなりの部分このパートで形成されていると思います。
  • シンセ:Cubase標準付属のRetrologueです。シンセこれしかまともに使えません。目立たないけどバックでピコピコ言ってます(なのでトラック名がPicoです笑)。

 

制作経緯や関係者様

今回の曲は、twitterアリス@ココロナさんが自作詩の紹介ツイートをしていたのを見つけたところからはじまりました。

 

その時点ではお互いフォロー状態ではなく、共通の知り合いの方のリツイートで僕はたまたま目にしたのですが、「自分はやれないけど他の方の目に止まるかもしれないから自分も回しておこう」と思ってリツイートしたら、こうなりました。

 

f:id:naoki-horiuchi:20171026220839p:plain

 

アリスさんは反応がすごく早い方で、僕もせっかちなのでリプやDMはわりとすぐ返すタイプなのですが、やりとりがサクサク進むので気持ちよかったですね。

 

じゃあ次は絵と動画どうしよう?となったのですが、お互い絵師さんの知り合いも限られるので、曲のデモ流して募集してみよう!というアイデアを試してみました。

 

 

これでたかツきさんという絵師さんと知り合うことができて、無事チームが完成しました。

たかツきさんのイラストのクオリティは一目見ればわかるとおりの素晴らしさですが、アリスさん同様にコミュニケーション力も高いソフト紳士な方で、いろいろ柔軟に対処してくださり助かりました!

 

あとは動画ですが、できるだけ早くリリースしたいことも考えて、これは自分で簡単な動画を作ることにしました。

絵はどうがんばっても描ける気がしないけど、動画は研究すれば自分で作れるようになるかもしれないと思ったこともあり・・。

ということで、今回わざわざフィモーラという、初心者でも使いやすそうな有料動画ソフトをわざわざ購入して動画編集にチャレンジしてみました。

¥6,000ほど支払ったのでまあまあな出費(1曲だけのことを考えるなら¥3,000くらいで受注してくれる方に頼むほうが安上がり)なんですが、DTMやってると金銭感覚が狂ってきて、¥10,000未満のソフト=安い、みたいに感じてしまうのが恐ろしいところです(笑)

 

目標設定と結果

こうして無事10/21、「見えたはずの世界」はニコニコ動画投稿に至りました。

先にも少し書きましたが、今回は作曲の段階から、「再生数をできるだけ増やしたい、具体的には1,000再生を目指そう!」と考えていました。

前作「旅に疲れたその心に」はあまり再生数のことなど考えずに、「とりあえず投稿動画のライブラリ増やそう!」くらいの感覚で投稿したこともあって伸び悩んだのですが(現在330再生くらい)、やっぱりできるだけ多くの人に聴いてもらえるほうが共同制作者の方も嬉しいだろうと思ったのがひとつ。

 

それから、僕はいまこうして音楽系ブログを書いていますが、ブログってやっぱり、同じ内容でも「誰が書いているか」によって受け手からの信用度って変わると思うのです。

なので、「作者が動画投稿しても3桁再生くらいしかいかないレベルの人」というのはやはりどうにも説得力に欠ける気がするので、せめて4桁再生の実績を作りたかったというのがもうひとつです。というかこっちのほうが大きい。

(実はニコ動以外では、youtubeピアプロ、過去にはsoundcloudでそれぞれ1,000再生の実績があるんですが、今はボカロP活動がメインなので、ニコ動として実績が欲しかったんですよね。)

 

さらに言うと、このブログを始めたばかりのころ、当面の目標として「1,000再生が目標!」と掲げていたのもあります。

frenchbread.hatenablog.com

 

結果としては、なんとか投稿後5日で1,000再生を達成することができました。これはニコ動以外のメディアの過去実績含めて初めてなので、僕としては十分な成功です。

が、しかし。

 

再生数と広告

今回は今まで活用していなかった広告(ニコニ広告)を投入することにしました。やっぱりフォロワさんとそのリツイートだけでは限界ありますし、ヒットしている作品を見ていると広告投入はむしろ当たり前だったので。

とはいえ、事前にリサーチしていると、たいしてクオリティもないのにセルフ大量広告投入していたりする作品は、再生数は相応に上がってもコメントやマイリスが全然伸びないのですぐわかってしまうんですよね。

これは逆にその後の視聴者の心象がよくないので、やりすぎない程度に、でもそれなりの量の広告をセルフ投入することにしました。

確か13,000ptくらいセルフ投入して、残り6,500ptくらいをフォロワーさんが入れてくださいました。

 

僕の場合はまだ実力も実績も乏しいのでこのくらいですが、長く実績を積んでいて人気がある方だったり、あるいは純粋にクオリティがすごくて「これは応援しよう!!」という気になる曲は、広告支援ががんがん入って再生数も伸びます。

今回、自分の曲をある意味実験台?にしたことで、ちょっとだけその辺の感覚がわかるようになりました。

 

 

これからのこと

今回は一応、「短いアップテンポの曲」だったり広告投入だったり、自分としてできる限りのことはやりましたが、それでやっと4桁です。

僕が目指している「そこそこのボカロP」はこの桁が1つ上なイメージなので、まあなかなか気が遠くなるほどの距離だな・・と改めて実感しました。

 

上達するためにはひたすら曲を作ればいい、という説もありますが、動画投稿までしようとすると、曲作り以外の労力も少なからず使わざるを得ないわけで、ただでさえブログをやっている僕がそんな多方面に時間を割いていたら本当にどれも中途半端になってしまいます。

(いや、だったらまず動画やめとけよ、という声がどこからともなく聞こえる・・。)

 

なので、これからしばらくは、たくさん新曲を作って動画投稿するというよりは、できるだけ曲作りのスキルを磨くことに時間を使っていきたいと思いました。

 

※とか言いつつ、以前の記事で触れたオリジナルCDの曲がこれから順次動画化していく予定なので、結果的には一定のペースで動画投稿をすることになるんですが。