DTMスキルアップメモ - frenchbread

見習いボカロPがそこそこのボカロPになるまで、が描かれていくはずのブログ。

【特別企画】フォロワーさんの作品をご紹介します!(第5回)

こんにちは、frenchbreadです。

前回まではボカロPさんのオリジナル楽曲を紹介してきましたが、今回は歌い手さん編です。エントリ6名様一気にいきます。

ちょっと申し訳ないなと思うのは、私自身が歌は全くの門外漢なので、歌の良し悪しとか聴きどころが正直あまりわかりません。なので、もしかしたら的外れな感想を言ってるかもしれません。

が、素敵な歌い手さんたちばかりなのでぜひチェックしてくださいね。

 

なお、前回記事はこちらです。

frenchbread.hatenablog.com

 

(補足)何箇所かキーに関する表記がありますが、キー名の読み方はこちらのリンクを参照ください。→音域.com - 説明書

 

No.17 はらもりよしなさん「Kiss of the Magic」

www.nicovideo.jp

 

 

まず「はらよさん」こと、はらもりよしなさん。 

紹介したい曲が多くて選曲に迷ったのだが、唯一のNNI (*) であるこの曲にした。ハロウィン曲なので時期遅れなんだけど。

うまい歌い手さんは表現の「幅」が豊かだと思うのだが、はらよさんのこの歌ももちろん、サビのキラーフレーズ「イタズラしちゃうぞお」の甘くて可愛くてでもちょっとワルそうな表現から、Bメロの哀愁を帯びた表現、Cメロの緊張感ただよう表現まで実に多彩だ。

そして1:50あたりの「入れちゃった」のところなど、決めの部分ではもちろん、短い高音(Hi E / E5)にきっちりショートビブラートを入れたりして決めてくる。

 

彼女の歌唱力については、わたしのtwitterのタイムラインでもときおり「この人はただの歌い手でいるのがもったいないレベル」というツイートが流れるほどだ。たとえばこんな。

 

ほかの「歌ってみた」作品も、オシャレ曲からアニソン系からバラードまで、どれも聴きごたえがあるし選曲も素晴らしいので、ぜひ聴いてほしい。

もりもり動画 by はらもり よしな - ニコニコ動画

余談だが、ご覧のとおりリスト名が「もりもり動画」だったりするお茶目な方でもある。

 

(*) ニコニコインディーズ。ボカロ曲の「歌ってみた」ではなくて、人間歌い手さんのために書き下ろされたニコニコ投稿楽曲を指す。

  

No.18 ぶるーさん「Red to Blue」

www.nicovideo.jp

 

つづいてぶるーさん。この人の歌唱力もヤバいぞ。

先のはらよさんと同様、NNI曲を選定した。ちょうどこのブログを書いている期間に開催されている企画「赤いクエスト」で発表された曲である。

ぶるーさんの歌声は、こう言ってご本人が嬉しいのかわからないが、ルナシー河村隆一のようだ。といっても河村隆一のようないやらしい(エロい?)歌い方ではなく、正統派ロック向きのイケボという感じ。

歌声に倍音成分が多いのだろう、声の音色にハリというかツヤがある。また声の伸びも素晴らしく、特に男性ボーカルでハイトーンをこれほど綺麗に出せる人はなかなかいないのではないか。

この曲は極端なハイトーンはないが(hi A / A4まで)、ほかの曲でもっと高いキーでも華麗に歌いこなしているのをいくつか聴いたことがある。

 

なお本作は詩もご本人が担当されている。90年代風のストレートで少し切ないラブソングという感じ。

個人的な印象として、自分で書いた詩のほうが「ここはこういう意味で書いたから、こういう表現をしたい」とインスピレーションが湧きやすいので、オリジナルも歌ってみたい歌い手さんは詩を自分で書けると強いと思う。

 

No.19 rukeさん「回る空うさぎ」

www.nicovideo.jp

 

rukeさん。わたしのこれまでの制作活動でもっともお世話になっている方である。

 

このツイートのとおり、わたしのDTMスクールの卒業制作という個人的なイベントに4曲もお付き合いいただいて、詩を提供してもらったり(一部は書きおろし)歌ってもらったりした。

その4曲はボーカルミックス含めて自分が担当しているので、おそらくここ1年でrukeさんの歌をよく聴いた人ランキング1位はわたしである。おめでとう自分!

そのrukeさんマニア(?)なわたしの見解では、彼女はいい意味で歌い方にクセがなく、また女性的な透明感のある声が魅力である。

なので選曲はコレにした。歌ってみたの定番な感があるこの曲だが、しっとり可愛い系なこの曲調は彼女の声質にぴったりだと思っているがいかがだろうか。

 

あとオマケだが、彼女の投稿作品にこんなのがある。

20,000再生710マイリスというけっこうなバズ作品である。わたしは元ネタがわからないので残念なのだが、銀魂好きな方がいたらあわせてどうぞ。

【銀ちゃんへの愛が】銀ちゃんなう!【止まらねェェェ】 by ruke 歌ってみた/動画 - ニコニコ動画

 

No.20 れみさん「セカンド・キス」

www.nicovideo.jp

 

お次、れみさん。

この方もコラボで一度お世話になっていて、以前にこのブログでも紹介したコレだ。

frenchbread.hatenablog.com

 

なので「もっと抹茶ニット」を紹介しようと思ったのだが、読者の白い目を恐れてやめた。というわけでもなく、れみさん歌の中で単純にコレが一番好きなので選定。

 

セカンド・キスは大人の恋の歌、もとい不倫の歌なのだが、それゆえに表現にあたっては色気が物を言う、と思う。

しかし、あまりに色気を前面に押しすぎてもいけない。あくまで軽さや爽やかさがベースにあって、その中に適度に色気を散りばめることによって「好きなのは本気。でも所詮遊びよ」みたいな、悪いことのはずなのにどこか美しく見えて(聴けて)しまう作品が完成するのだ。・・何言ってんだわたしは。

もちろん本人が何を思って歌ったかは知らないのだが、れみさんはそういう微妙なニュアンスを表現するのがうまいと思う。セカンド・キスの場合はあえて感情抑止気味にしていると思うし、コテコテな乙女バラードであるわたしの「もっと抹茶ニット」では曲の場面に応じて熱く盛り上げていただいた。

年明け2018/1/20にはライブ活動も予定されているそうで(詳細はれみさんのツイッターからどうぞ)、今後が楽しみな方である。

ちなみにれみさんの1月のライブにはわたしも聴きに行く予定なので、ライブに行くとついでにわたしに会えます。(まったくどうでもいい情報。)

 

No.21 亜流さん「妄想感傷代償連盟

www.nicovideo.jp

 

詳しくない方のために書くと、本家はミリオン再生が10作くらいある超有名ボカロP・DECO*27様(「ボカロデータベース」の独自ランキングによると総合ランキング3位)の作品で、これ自体もミリオン再生曲である。

本家では初音ミクさんがAメロをボカロっぽい無機質さでクールに歌う感じで、これはこれで良いのだが、亜流さんバージョンを聴くと、なかなか人間男性ボーカルがハマる曲だなと思った。

男性歌い手が女性ボカロの曲を歌う場合、1オクターブ下で歌わざるを得ないのだが、中低音域がしっかり出る人でないと低いほうの音域がもごっとした感じになってしまう。

(この曲の場合だとオクターブ下げたキーがmid1C / C3 - mid2E♭ / E♭4あたりになるが、mid1E / E3以下くらいになると出にくい、と思う。)

その点、亜流さんは低めの音域含めてかなり聴きやすいし、少し気だるいというか大人っぽい感じの歌い方が心地よく、曲のもつオシャレダークな雰囲気によくマッチしている。

「もっと評価されるべき」タグもついているが納得する。まあ、有名歌い手さん含めてかなり歌われている歌なので埋もれやすいのかもしれない。歌い手さんはそのへん難しいですよね。

 

No.22 あるぶみnさん「アンノウン・マザーグース 」

www.nicovideo.jp

 

本日のラスト、あるぶみnさん。の最新投稿曲。よくぞこれにチャレンジしたなという曲である。

これもミリオン再生の有名曲なのだが、聴いたことがなければ、まず本家の特に1:02 - 1:40あたりをとりあえず聴いてみることをオススメする。

ボカロ文化が発達しなければあまり作られることはなかったであろう、Bメロ部の超早口パート&サビ部で登場するオクターブ跳躍&高音域の連続。普通に考えて人間向きの曲ではない。笑

 

wowaka『アンノウン・マザーグース』feat. 初音ミク by wowaka VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

 

ご本人も「音程リズム早口てらむずす」と紹介欄に書かれているが、そりゃ難しかろう。でもしっかり超早口パートをクリアしている。サビへの導入「叫ばせてぇ〜↑」がカッコいい。エモい。

サビは裏声を駆使して高音域ゾーンを見事に歌いきっていて圧巻である。ニコ動のコメントもここに集中している。(「ティン」は参考にされたという歌い手さんのこと。)

この方はこういう全力感が魅力だな、という印象である。

 

f:id:naoki-horiuchi:20171118185836p:plain